スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の中で

090209 013

 


満員とはいかないまでも、立っている人がたくさんいる電車の中で、小学生になるかならないか、くらいの男の子が、母親らしい女性と並んで座っていました。
しばらくすると、さらに大勢の人が乗り込んで来ました。
電車が駅を出て間もなく、それまで大人しく座っていた男の子が、席を離れました。
「動いてる車内を歩くのは、危険やで。お母さん、注意しないの?」
やや、非難交じりの目で、とまとは男の子を見ていました。
男の子は、少し離れたところに立っていた、年配の男性のところへ行きました。
そして、何か話しかけているようです。
しかし、その声は小さくて、とまとには聞こえませんでした。
「知り合いが、乗ってきたのかな?」
それにしては、男性の反応がありません。
男の子の方を見ようともしません。
男の子はもう一度、今度はとまとにも聞こえるくらい、大きな声で言いました。
「おじさん、お席どうぞ。」
そして、それまで自分の座っていた座席を指差しました。
今度は男性も、男の子に気づいたようです。
だけど、その場を動こうとはしませんでした。
かわりに、こう言いました。
「ありがとう。でもおじさん、次の駅で降りるから、そのままボクが座っといて。」
男の子は、困ったような顔で、母親の方を見ました。
母親は、笑顔で男の子を手招きしました。
次の駅に着く少し前、先ほどの男性が、男の子のところへ行って、
「ボク、ありがとう。」
と、頭をなでてから、電車を降りて行きました。
混んだ電車の中で、席を譲ろうとした男の子と、座らなかったけれど、ちゃんとお礼を言って降りて行った男性。
どっちもカッコイイ♪
「ええもん見たな。」
その後、一日中、気分の良かったとまとです。


健康屋さん

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はこういうシーンに飢えてまして
ついウルウルジワッと来てしまいました。

感涙

私はこういうシーンに飢えてまして
ついウルウルジワッと来てしまいました。

初めまして

とまとさんのブログは、心温まる素敵なお話ばかりですね。これからも期待しています。

No title

始めてお邪魔しました。
どの話も、日常のちょっとした風景の中にある素晴らしい話で、とても暖かい気持ちになりました。
ありがとうございました。

こんばんは

とっても素敵なお話ですね。
席を譲りにわざわざ男性のところまで行った男の子。
そして、男の子の背中を押してあげ、
温かい目で見守っているであろう母親。
席には座らなかったものの、きちんと男の子にお礼を言って降りる男性。
みんなとってもかっこいいですね。

そういうの、やっぱり少なくなっているのかなぁ。
それとも、私のまわりにそういうのがないのか。
私に見えないのか…。

とまとさんのまわりに多いのか
とまとさんがそういう光景をちゃ~んと見つけているのか。
…とりとめもなくそんなことが頭に浮かびました。

素敵なお話をありがとうございました。
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。