スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい贈り物

110203 001
とまとが中学生の頃のことです。
ある日、
「お金持ちになりたいなぁ」
と呟くと、母が聞きました。
「お金持ちになって、どうしたいんや?」
「そうやなあ」
とまとはちょっと考えて、
「いつでも好きな時に、一万円のステーキが食べれるようになりたいなあ」
と、答えました。
その数日前、テレビ番組で、ステーキ店を紹介しているのを見て、母が、
「一万円も出したら、美味しいに決まってるやないか」
と言ったのを、思い出したからです。
美味しいに決まってるステーキを、いつでも食べられるようになりたい。
とまとにとってのお金持ちは、そうゆうイメージでした。
「そうか。じゃあ、一万円のステーキが食べられるようになったら、お前はそれで満足か?」
「えっ、どうやろう」
「一万円のステーキが食べられるようになったら、十万円のバックが欲しいって思うんとちゃうか?」
確かに、高級なステーキ店に行くのなら、いい格好をして行きたいと思うようになるかもしれません。
とまとが頷くと、母は更に言いました。
「十万円のバックを手に入れたら、今度は、百万円の宝石が欲しいと思うようになるかも、しれへんなあ」
「うん」
「百万円の宝石を身につけるようになったら、一千万円の車に乗りたいと思うようになるかもしれん」
「うんうん」
「一千万円の車に乗れるようになったら、一億円の家に住みたいと思うようになるんとちゃうか? 一億円の家に住んだら、今度は十億円のビルが欲しくなるかもしれん。十億円のビルを手に入れたら、世界中に別荘が欲しくなるかもな。別荘が出来たら、今度はそこへ行くのに、自家用の飛行機が欲しくなるかもしれん。飛行機を手に入れたら、次は何やろう? 宇宙に行くための、ロケットが欲しいと思うようになるんやろか?」
とまとは母の話しを、うんうんと頷きながら聞きました。
すると母が、呆れた顔で言いました。
「なあとまと、お前そんな気持ちでおったら、いくらお金持ちになっても、欲しいと思うものが増えるだけで、幸せにはなられへんで」
「えっなんで? 欲しいものが手に入ったら、幸せなんとちゃうの?」
とまとは聞きました。
「そうやろか? 何かを欲しいと思うのは、それが無いと満足できひん、言うことやろう。満足できひんってことは、不満がある、言うことやんか。不満があるのを、幸せって言うか?」
「あ、そうか……」
「お金持ちになることと、幸せになることとは、別なんやで」
「ほんなら、どうやったら幸せになれるん?」
とまとは、聞きました。
「何かを欲しいと思うかわりに、何かをあげたいと思えるようになったらええねん。人は、あげればあげる程、幸せな気持ちになれるんやで」
「はあ?」
とまとには、母の言うことが、よく理解できませんでした。
「でも、母ちゃん。人に何かをあげる為には、あげる物を持ってないとあかんやん。ほんならやっぱり、お金持ちでないと幸せになられへんのとちゃう?」
母は笑って聞きました。
「とまと、お前が、人様から貰って嬉しいと思うものは、お金で買えるものだけか? 」
「えっ?」
「お前は人様から、親切にして貰ったり、笑いかけらた時に、嬉しいと思った事はないんか?」
「ううん、ある」
「そうやろう。そして、嬉しかったら、『ありがとう』って言いたくなるやろう」
「うん、なる」
「『ありがとう』って言われると、幸せな気持ちにならへんか?」
「なる」
「いっぱい言われたら、いっぱい幸せな気持ちになるよな」
「うん」
「じゃあ人様に、いっぱいいろんなものをあげたらええ。
例えば、大きな声で挨拶したら、相手に元気をあげることができる。
困ってる人に、『何かお手伝いできることありますか』って声をかけたら、優しい気持ちをあげることができる。
友達に笑いかけることで、『好きやで』とか『一緒におると楽しいよ』ってゆう、温かい気持ちをあげることができる。
元気のええ挨拶も、親切な言葉も、優しい笑顔も、みんな無料や。お金持ちでなくても、人様にあげられるものやんか」
「うん」
「そして、相手が嬉しい気持ちになったら、『ありがとう』を言うてくれる。そうしたら、お前は幸せな気持ちになれるやろう?」
「ホンマや!」
「例え世界一のお金持ちになっても、何かを欲しいと思うてるうちは、満足してないねんから、幸せな気持ちにはなられへんねん。でも、人様から『ありがとう』って言われるのがどんな嬉しい事かがわかったら、幸せな気持ちになるのは、難しいことやない。人は、あげればあげる程、幸せな気持ちになるんやで。不思議やなあ」


『お前が、人様から貰って嬉しいと思うものは、お金で買える物だけか?』
中学生の頃のとまとは、やっぱりまだ心のどこかで、『あげるよりも貰う方が嬉しい』と思っていましたが、今なら胸を張って、「違う」と言い切れます。
らもちゃんの笑顔に勝るものは、ありません。
『あげればあげる程、幸せな気持ちになる』
その真意も、親になって実感しました。
母乳でも、食べ物でも、おもちゃでも、らもちゃんが受け取ってくれるだけで嬉しい!
ありがとうの言葉も欲しいとは思いません。
この言葉をとまとにくれた時、母も、幸せな気持ちやったんかなぁ。
らもちゃんを見つめながら、母の気持ちを想像するようになった、とまとです。

2月は、母の生まれた月です。
鬼籍に入って久しいので、もう、一緒に食事行くことも、温泉に連れて行ってあげることもできませんが、今年は線香と一緒に、らもちゃんの笑顔を手向けます。
母ちゃん。
産んでくれて、ありがとう(^O^)
110203 107


↓すっかりおイモがお気に入りになったらもちゃん。
110203 096

おイモは食べ物です。
それは間違いない!
でも…

110203 112
コームは食べ物ではないと思います。
多分、恐らく、いや、もしかしたら食べ物なのか?
自信なくなってきた((((@_@;)


今年の寒さは、強烈でしたね(^^;
寒い地域にお住まいの皆さま、被害はございませんでしたか?
お見舞い申し上げます。
m(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。。

「本当の幸せは、お金では買えないもの。」と言うことを、お母さんは教えて下さったんですね。。

私もお母さんのお言葉を、強く支持します。。

ぽち!

No title

久しぶりに お母さんの お話を聞き
その通り。 そんな風に 生きたい!
そう思いました。
お金は 無い 生活ですけど
欲しがらない!
人に与えたい!
そんな人に なりたいな~。

今日 マー君が 来てます。
笑顔を見ているだけで 幸せな気持ちになれます。

いつも気づきをくれてありがとう

とてもいいお話でした。
ありがとう! とまとさん!
らもちゃんも
スクスク元気いっぱい幸せいっぱいですね。

この記事をぜひ
我が拙ブログで紹介させて頂きたく、ご了承頂けますでしょうか?

No title

ご無沙汰しております
なかなかしっかり成長されておりますね

No title

心に響く記事を読ませていただきありがとうございました。

とまとさんのお母様の言うとおりだと思います。

No title

とまとさんこんばんは☆

久しぶりにお母さまのお話をうかがえて、ほっこり気分になりましたσ(゚ー^*)
らもちゃんは笑顔を与えてくれていますね!1

子育ては大変だけど、らもちゃんの笑顔をもらって頑張っていらっしゃるようでよかったです^^

お邪魔しましたσ(゚ー^*)

こんにちは!

大好きな母語、ありがとうございます!

口に入れて危険じゃないモノは
すべて食べ物だとおもいますよー(笑)

No title

お!おいも食ってる~(笑)
気に入ったんですね~
甘くておいしいですもんね~~^^

おや、クシまで(^^;
そろそろ歯が生え始めてきてむずがゆいのかしら?
子猫も生え変わり時期はむずがゆくて、引き出しの取っ手とかをよくカミカミしてました(汗)

らもちゃんの髪の毛はかっこいいですね~
男の子っぽい!


とまとママへ
クシはちょっと大きくて噛みづらいね。
だから味はよくわからないけれど、ママの味がする~(笑)

お母さんのお話

 とまとさん、またとまとさんのお母さんのお話が聞けて嬉しかったです。

お久しぶりです

久しぶりに見ましたが大きくなりましたね~
可愛い~
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。