スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿限無

091213 151



「ハンドルネームはとまとが考えたから、現実の名前は、あなたがつけてね」
と、妊娠当初からブロッコリーさんに言ってありました。
「そうゆうのは、本をぎょうさん読んでる、君の方が得意なんとちゃうの?」
と、ブロッコリーさん。
確かに、とまとは本を読むのが好きなので、いろんな名前や言葉を頭の中に詰め込んでいるかもしれません。
しかし悲しいかな、センスがない(T_T)
一度決めてしまったら、簡単には変更できない子どもの名前を、つける度胸はありません。

「何か、希望はある?」
と、とまとの意見を聞いてくれるブロッコリーさん。
「そうやなあ…お正月に、おみくじで大吉を引き当てたから、それにあやかって、「大」か「吉」の字を、使ってくれたら、嬉しいかな」
とまととしては、そのままズバリ「大吉」とつけても構わないのですが、
「それは、焼き鳥屋の名前みたいやから、止そう」
と、言われてしまいました(^^;
「『大輔』って、どう?」
「ウィンタースポーツは、あんまり馴染みがないから、なあ…」
「じゃあ、今年はトラ年やから、『虎吉』」
「将来、応援できるプロ野球の球団が、限定されてしまうで」
「吉右衛門 (とまとが大好きな時代劇『鬼平犯科帳』の主役を演じている役者さんの名前)は?」
「ちょっと、文字数が多いんとちゃうかな?」
「吉四六 (とまとの出身地大分県の民話の主人公) は?」
「『吉兆』と響きが似てるから、止めとこう」
「仁吉 (とまとが最近ハマっている時代小説『しゃばけ (新潮文庫)』の登場人物の名前) 」
「長男に、『に』って音を使うのは、どうやろうなぁ」
「『吉』をよしと読んで、『吉宗』」
「ちょっと名前が大き過ぎひんか?」
「じゃあ、『秀吉』」
「それも、大きいなぁ」
「『藤吉郎』『日吉丸』」
「同じやん!」
「土佐にちなんで、海に関する字を使うってどう?」
「おっ、それいいね」
「例えば、『吉の灘(よしのなだ)』とか」
「春場所中やからって、それはないんとちゃうか(^^;)」(←この会話は、大相撲の春場所開催中に交わされたものです)
「海にちなんだ名前と言えば、以前ブログで、ステキな名前を見つけたよ」
「どんなの?」
「心が太いと書いて『心太(しんた)』と、海の月と書いて『海月(なるみ)』
(とまとが大好きな日下ヒカルさんの「賽の河原シリーズ」の中の一編です。興味のある方は、ご一読ください♪)
「ええやん」
「ただね、心太は『トコロテン』、海月は『クラゲ』とも読むんやって」
そう、名付けられた子どもが、その名前を苦にする話しだったことは、ブロッコリーさんには言わずに置きました。
「くらげを海の月とは、キレイな表現もあるもんやなあ」
海好きなブロッコリーさんは心を動かされたようですが、『大』『吉』の文字から離れてしまったので、保留となりました。

「やっぱり、とまとにはムリやわ。名前は、親が子どもに与える、一生ものの『財産』やから、あなたかららもちゃんに、贈ってやって」
特別、格好いい名前じゃなくていい。
流行りの名前じゃなくてもいい。
各数とか、字面とか、運勢とかも、気にしてくれなくていい。
ブロッコリーさんが、らもちゃんの幸せを願って考えてくれたら…
将来、こんな人間に育って欲しい、こんな人生を歩んで欲しい、こうゆう事を大切に思う人間であって欲しい。
そんな、ブロッコリーさんかららもちゃんへの、想いを託した名前なら…
どんな名前でもいい、ととまとは思っています。
子どもの名前を考えることは、その子の将来を考えること。
その子の幸せ願うこと。
考えている時間そのものが、子どもへの贈り物なのだと、妊娠して初めて知りました♪

「う~ん、どんな名前がいいかなあ……」
龍馬伝を見れば、ストーリーよりも出演者やスタッフの名前が、高校野球を見ても、ゲームの流れより出場選手の名前が、気になって仕方がないブロッコリーさん。
「親父の名前から、一文字貰うか。いや、爺さんの名前から貰おうかなあ。ぼくの名前と君の名前から一文字ずつ取るか。いや、しかし、でも、う~ん……」
落語、「寿限無」は、本当に、良くできた話だな、と思うとまとでした。




読んだよ~♪ の合図にポチっ d(^O^) としてやってください 
blogram投票ボタン

おきてがみ

― ランキングへの投票目的で設置しているボタンではありません ― 




☆☆☆おまけ・ブログ用語の豆知識☆☆☆
 モブログ
モバイル(携帯電話)からブログに投稿できる機能。メールで、記事を書いたり
画像を添付して送信すると、投稿できる。


最後までお読み下さり、ありがとうございますm(__)m
現在、頂いたコメントへの返事は、控えさせて頂いております。
返事が必要な方は「レス希望」とご記入ください。
コメントは承認制です。とまとが不適切と判断したコメントは、削除又は非公開とさせて頂きます。
(「コメントを入れる前に・・・」「ネチケットについて」参照)
画像・本文の無断転記はお断りします。
過去記事へのコメントも、最新記事に入れて下さると、嬉しいですヽ(^o^)丿
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

子供の名前、迷いますよね。
私も当時は「ああでもないこーでもない」と迷って、ネットで調べたり本を買ってみたり。
結局は本もほったらかしだったのですが(-_-;)

子供には生まれて初めてのプレゼント、とまとさんとブロッコリーさんらしい素敵なお名前を付けて下さいね。

お体大切に。
あとちょっとですね。

うちも

夫におまかせでした。
て、うちの場合、両方の親やら親戚やらがとっても圧力を感じたので、単に「やおもて」に立たせたってやつですが(^○^)

子どものシアワセを願うキモチは誰も一緒♪

こんにちは~

”考えている時間そのものが、子どもへの贈り物”良い言葉ですね
以前、母親の姉が名前が好きじゃないと、変更した話を聞きました
何故か悲しく思えた私
親から授かった物は、大切にしたい物ですね
うちの弟は『仁』を「ひと」と読ませています
ちょっと弟の文字が出てきて、嬉しくて
コメントしちゃいました♪

No title

とまとさん こんばんは
三月からのフルタイム仕事で 疲れてて御無沙汰してしまいました。

お腹の赤ちゃんに もう少しで会えますね
名前 考えるのとても楽しそう
懐かしいなぁ

私は 子供三人とも名前を付けていないので
孫が出来たら「えるか」とか「はじめ」って付けたいと思ったけど 無理だろうなぁ(^^ゞ

いっぱいいっぱい 悩んで 素敵な贈り物時間大切にしてくださいね(^^♪

No title

私も父親としての実感を味わって欲しかったので、命名権は託しました。もちろん自分の希望も伝えましたけど、最終決断は任すよって。
あと、私は旧姓がとても珍しく、読みにくい苗字だったので、子供の名前は説明しやすくて読める名前にしてほしいと伝えましたね。
男女の区別がつきにくい名前も、子供が苦労しますし・・・(友人が苦労していました)
間違われるのって良い気分しませんから。
これは私の考えであって、いろんな考えがあるので、読みにくくても親が愛情込めて考えた名前なら素晴らしいとは思います。
ブロッコリーさんが決める名前、楽しみですね。

No title

おぉ~こうなって登場したのですね(^^)
ご紹介も兼ねて頂きありがとうございますm(_)m
「大」と聞くとすぐに”大地”という名前が思いついてしまいました。
「吉」は思いつかなかったです(^^;;;
子供の名づけ頑張ってくださいませ~

悩んで悩んでくださいね

子供の名前、考えますよね~。
コレにしたらどう?こっちもある?
なやみます。
人の意見にとらわれず、夫婦二人で、考えてくださいね。
あと少し、楽しみだね~~。

微笑ましいですね(^-^)/

らもちゃんのこれからの名前、私もとっても楽しみです\(^_^)/
ブロッコリーさんが命名するなら、絶対いい名前ですね~(*^-^)b
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。