スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とまとからのお願い(再掲)

コメントについて。

妊娠して以来、皆さまから、沢山のアドバイスをコメントで頂き、とまとはとても感謝しております。
ありがとうございます。
皆さまのご厚意は、とてもありがたいのですが…


良かれと思って書いて下さったアドバイスが、妊婦にとっては、プレッシャーになってしまう場合もございます(^^;
中でも、食べ物に関するアドバイスは、非常につらいです。
一時に比べて、つわりで苦しむ事はなくなりましたが、それでも体調によっては、味覚がかわり、思うように食事が取れない時もあります。
そんな時、
「●●は食べた方がいいです」又は「●●は食べない方がいいです」
と告げられるのは、とても苦しいのです。
赤ちゃんの為に良い(悪い)と言われると、更に苦痛です。
当たり前ですが、赤ちゃんの為に良いことは、なんでもしたいと思います。
反対に、悪いと言われること(アレルギーの原因になるかもしれないことなど)は、したくないと思います。
でも、その一方で、喉を通る食品と通らない食品があるのも事実です。
そこへ、様々なアドバイスを頂くと、その通りに出来ない自分を、責めてしまいます。
「自分が今、●●を食べなかったせいで(又は●●を食べたせいで)、赤ちゃんに悪い影響が出たらどうしよう?」
そう考えてしまうのです。

とまとに限らず、これは全ての妊婦さんに言えることではないかと思います。
自分の体が、自分の思うようにならない。
それが、妊婦です。
ご自身の経験や、ご家族の方の体験を元に、アドバイスをして下さるのは、とてもありがたいことですが、人間は1人1人みんな違います。
つわりの具合も、体質も、アレルギーの原因となるものも…
ですからとまとは、自分で判断できないことは、かかりつけのお医者さまに相談しようと思います。
(その為に、お金を払って通院しているのですから!)
食べた方が良い食品、食べない方が良い食品についても、お医者様の指示を仰ぎたいと思っております。

皆さまのご厚意は、とても感謝しております。
しかし、好意からの言葉であっても、気持ちの不安定な妊婦にとっては、プレッシャーになる場合もございます。
ですからどうか、妊婦にプレッシャーをかけるようなコメントは、ご遠慮下さい。
どうぞ、よろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。