スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りを遷(うつ)さず

怒りを遷さず


「不遷怒」
論語の、最初の方で紹介されている文章の中の言葉です。
国のえらい人から、「弟子の中で一番優秀だと思うのは誰だ」と聞かれて、亡くなった弟子の名前を上げ、なぜそう思うのかを説明した言葉の中にありました。

「怒りを遷(うつ)さず」
と、読むようです。
解説には、「八当たりをしない」とありました。

確かに、八当たりは、迷惑です。
自分がイヤな思いをしたからって、それを他人様(ひとさま)にぶつけるのは…(^^;

また、八当たりだけではなく、自分が腹を立てていることを、他の人に話すのも、「怒りを遷す」ことになるのではないかと、とまとは思いました。
例えば、「今日、こんなイヤな事があったよ」「今日、こんな悔しい思いをしたよ」「今日、こんな不愉快な人をみかけたよ」
そんな話を他の人にすると、聞いた人は間接的に、嫌な思いを経験することになってしまいます。
同情したり、一緒になって腹を立てたり、自分ならどうするだろうと考えたり…
すると、聞いた人も、少なからず「怒り」を覚えることになってしまいます。

だから、「怒りを遷さず」は、
「嫌な思いをした話を、他の人に言わない」
とゆう意味ではないかと、とまとは解釈しました。
嫌な思いをしたら、それは、自分の中だけに収めて、他人様に聞かせない。
できれば、自分の中からも、一刻も早く追い出してしまう。
そして、嫌な思いなどしたことがないように、いつもニコニコしている人。
そうゆう人を、「最も優秀な弟子でした」と、孔子は言ったんじゃないかなあ。



☆★☆★☆ 本日のおすすめ ☆★☆★☆
大きなエコはできないけれど、
小さなエコから、コツコツと♪
なんども使えるキッチンペーパー「つるりん」
は、まさにそうゆう商品ではないでしょうか♪
美味しい! &ヘルシー! &環境にいい!!
これは、とまとでなくてもお勧めの商品です。
☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★
健康屋さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とまとさんの博識に脱帽します。

こんにちはとまとさん

私のお粗末なブログを、ほとんど毎日のぞいていただいてありがとうございます。

とまとさんの感性あふれるお話と、知識の豊富さに驚いています。

私なんかとても足元にも及びませんが、お話を読ませていただいて、私の理解できる範囲で感想をお伝えしていきたいと思います。

でも、ホントに孔子の論語には驚きました。
私も少しは学んだことはありますが、とまとさんの解釈はすごいと思います。

またお邪魔しますね。

奴当たり・・・!

とまとさん。こんにちわ♪
子供の頃(35年前)7、8歳の悪ガキ達が、村の駄菓子屋で色んなくじをひいた時・・
確かに誰か一等が当たったはずなのに・・・皆身体で隠して見せようとせず・・
「奴や・・やつや!」床に転がしてまで確認しようとしました。
一等のプラモがどうしても欲しかった私は、大将だったので・・
やつに当たりを取られたと思いこみボコボコに・・・!
案の定・・奴が当たっていました。そんな事を思い出しながら・・・
「八つ当たり」を書いています。思い出し笑いをしながら・・・v-411
今日の認証キーワードは嘘のさんぱち・・しく(49)はっく・・ですね∽

ありがとうございます

こんにちはとまとさん

リンクしていただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね !

感銘しました。ありがとうございます。
そうですね。人にどう伝えるか…そこが問題ですよね。

再訪&トリプルポチまで、大変恐縮です。
ありがとうございます。
先ほど、きたときは、コメント0だったので、書き込もうかなぁと
思いつつ、かわりに拍手ですませてしまいましたww
今来たら、もう、3人も!!
すごいですね!!!
更新頑張ってください~^^v
お返し応援ポチッとv^^v

勉強になります

こんにちは、とまとさん。

孔子は、少ししか知りませんが、
とまとさんの考え方は、共感できます!!
他人様のことを考えるのが、大切なんですね。

こんにちわ^^
全くジャンル違うのに、なんか訪問していただきありがとうございます_ _

内容が素晴らしいと思うのでリンクをいただきたいのですが、よかったらコメント欄に返信おねがいします_ _

クリティカルヒット

あぁ(汗) 罪悪感でいっぱいorz
人をニコニコと笑わせてあげられるお話が書けない・・・
心がすさんでいる証拠ですね・・・
ホラーが嫌いなのに、ホラーを書いてしまうという私。
時々、ホラーじゃないお話もあるのですが・・・
怒っても、ムカってきても、海の前で叫ぶのがいいのかな?
近くに海がないですが(汗)
人に話さず私は全部ネタにして、小説の中でぎったんぎったんに・・・
・・・いえ、あの・・・ そこで消化するみたいな!(滝汗)
う~~~ん!!
難しいです!そんな風に考えられる大人になれないです(涙)
。・゜゜・(>_<)・゜゜・。情けない・・・

確かに。

八つ当たりされるのは、嫌ですね。


怒りを自分の中からも、一刻も早く追い出すこと。


気持ちの切り替えが、うまく出来るようになるということでしょうか。



時々、鏡にうつった自分の険しい顔に驚いたりすることがあります。

心の中が自然に表情に出てしまうのですね…。

いつも、ニコニコしている人になりたいなぁ~

こんにちは

最近、このお話と似たようなことを考えるようになりました。
相手の事を考える…。愚痴はこぼさない…。
私にとっては、これがなかなか難しい。
人生は修行ですなぁ。
でもその先に、素敵な何かがまっているはず!
いつも心あたたまるお話を、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!

八つ当たり・・・本当に、これは迷惑ですよね~v-393
でも・・・女性って、多かれ少なかれイライラする日も時々あります・・・
気をつけなきゃv-356

いつもニコニコ…結局それが、自分の為と人の為v-410

ではまた~v-22

こんばんは

リンクありがとうございます。
相互リンクさせて いただきました。

八つ当たり しては いけないのに ついつい・・・
人生反省の連続です。

また お越しください。

ポチポチ^^

とまとさ~んi-237応援に来ましたヨi-87
綺麗な画像もいつも楽しみi-184桜・・・散ってほしくないですi-229

おそれいりました…

全面的にそのとおりです。
嫌なことがあるとどうしても他人に聞いてほしくなるんですよね。
他人は「共感できる」と言ってくれても、結局は気分を害させてしまっている…。
難しいですよね。

今日の話を目にして、河島英五の「時代おくれ」が浮かびました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とまとさんのおっしゃるとおりです。
自分がどうかというのではなく
他人様はどう思うのか。
相手の気持ちまで考えることが大事ですね。
私は反省することがたくさんです^^;

コメントって最初は勇気が
いるので、コメント
ありがとうございました。
 
孔子…
漢文の宿題が…w

いつもありがとう

とまとさんの足跡を見ると、うれしくなってしまいます。
孔子は、為政者の徳を説いた人なので、もう少し政治的な意味でこれを言ってるのだと思いますが、ボク的にはとまとさんの解釈のほうが好きですよ。
「負の連鎖」っていう言葉がありますよね。「負の感情」でつながっていく人間関係って、ボクは基本的に好きじゃないんです。だから、ボクは「とまと」派。お礼にボクもポチッです。

これは耳が痛いです。私も八つ当たりというか、すぐプリプリしちゃう方なんで・・・。確かに嫌な気分を移されて嬉しいはずがないですよね。反省、反省。

こんばんは

そうなんですよねぇ。
人様に言わず当たらず、自分の中から早く追い出す事が、一番。
全ては自分自身、気の持ちよう。
そこを乗り越えられれば、振り返った時、案外小さな事だったと思えたりする事が多いように思います。

今日も・・・していきますね(笑)

いつもながら、ためになるお話ありがとうございます。

私も反省しました。
気をつけたいと思いますm(__)m

ただ、ストレスがたまると、
自分の周りの人に迷惑がかかることもありますよね。
うつになったりとか…。
私は、家族には話をして、すっきりするようにしています。
いっしょになって怒ってくれたり、泣いてくれたり、
それが家族なんじゃないかな~って思いますから。

私がプチうつで、パニック症候群だったとき、
ダンナが話を聞いてくれて、どんなに救われたかわかりません。

ごめんなさいね。
とまとさんに反論するつもりはありません。
私は他人に八つ当たりしないように、
家の中で解決するようにしたいな~って思っているのです。

それだけ現代のストレスっていうのは、
強くて恐ろしいものなんですよね。

はじめまして・・・

足跡からお邪魔しました。
訪問していただきありがとうございました。

う・・・確かに愚痴や不平不満を人に聞かせるのは
「怒りを遷す」ことになるのかもしれませんね。
私はブログに時々こういうエントリもしますが
読んでいる方に不快な思いをさせてしまっているのかなぁと
考えてしまいました。
素敵な文章を書かれますね。
またお邪魔します。

おはようございます!
八つ当たりをしない、愚痴をごぼさない!
心がけてはいても
甘えがあると出てしまう
 
この人なら、受けとめてくれる・・・という甘え
まあ、私の周りには甘えられる人はいないので、
八つ当たり&愚痴は今のところ、ほとんど無しですが・・・

今日からも心がけて
笑顔&平常心で行こう~!

応援ポチッv-219

自分の心をコントロールするのは、感情が高ぶっているときほど
難しいものですね。
弱い人間ほど、感情をぶつけて甘えたくなる、ということで、
私はつい、家族に甘えてしまいます。みんな。すまぬ。
更新が楽しみな、このブログ、リンクさせていただきますね。
いいお話をありがとうございます。

お邪魔します。

優しくて話を聞いてくれる人には
ついつい八つ当たりをしてしまいます;

話を聞いてくれた人は自分といっしょに激怒して、
またその話をほかの誰かに伝えます。

そういって他の人たちに不愉快な話を
広めた自分に反省です・・・。

お邪魔しました。

bunyanさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
博識じゃないです~!
とまとは「薄識」です!!(キッパリ
数少ない、知っていることを、めいいっぱい背伸びして書いてみました(^^;
だから、誉められると、恥ずかしいで~すヽ(^o^)丿
論語に限らず、とまとの好きな言葉を、これからもご紹介していきたいと思っています♪

しんさくさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
駄菓子屋さん。
懐かしいですね。
とまとも、子供の頃、よくお世話になりました。
バトルはしませんでしたが(^^;
あの、キレイなお花の画像と、こちらにコメントを下さるしんさくさんとでは、イメージのギャップが大きすぎる気が・・・(^^;

bunyanさんへ

再コメントありがとうございます。
こちらこそ、今後とも、仲良くしてやってください。
宜しくお願いしますm(__)m

chalkiiivさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
伝え方で、相手の受け止めも方も、違ってきますもんね。
遷すのは、笑顔や優しい気持ちの方が、嬉しいものです♪

shikiさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
論語は、そもそも孔子の孫弟子が、孔子の死後、先輩のお弟子さんたちから聞いた話を書きとめたもの・・・つまり「また聞きの寄せ集め」ですから、解釈はバラバラなんですよね。
逆に言うと、読んだ人がどう解釈しようと自由とも言えるわけで…
同じ言葉にも、読む人の数だけ、違う解釈がある(笑
そこが、面白いと、とまとは思いました。
愚痴を言えば、言った人はスッキリしますが、聞いている相手の気持ちを考えることも、大切だと思います。

マリーcさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
全く違うジャンル = 未知の世界。
理解できることも、全く分からないこともありますが、とまと自信の見聞を広げようと、いろんな方のブログを拝読させて頂いております。
お邪魔でなければ、また遊びに行かせてくださいませ。
リンク、ありがとうございますm(__)m

日下ヒカルさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
それで、読んだ方も気分がスッキリするのであれば、それも有りなのではないでしょうか♪
とまとは、ホラー苦手だったのですが、日下さんのお話は、大好きですよ~(^O^)
自分で自分を「情けない」と言う人に、本当に「情けない人」はいないと思います。
本当に情けない人は、自分が情けないとすら、思っていないものですから♪
どうか、もっともっと、ご自分に自信を持って下さい。

ホワイトブレッドさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
とまとも、いつもニコニコしてる人に、なりたいです♪
でも、難しいんですよね(^^;

うさぎさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
相手の事を考える。
愚痴はこぼさない。
それが簡単にできれば・・・2千5百年語り継がれる人間になれます!
簡単にできないことだから、「すばらしい人物だ」と、語り継がれてきたんですから(^^;
なかなかできないこと、だけど、できるようになったら素晴らしいこと♪
そう、思うことが、大切なのだと思います。

バニラさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
そうなんです。
女性はどうしても、気持ちをコントロールできなくなる日が、あるんですよね。
でも、それはそれで、そうゆうものなのだと、自分を受け入れるしか、ないですよね。
いつもニコニコ。
それが、一番だと思います♪

ピオーネ親父さんへ

コメントありがとうございますm(__)m
八当たりをしても、何も解決しません!
だから、怒りは捨ててしまいましょう♪
リンクありがとうございますm(__)m

チーム乙女さんへ

コメントありがとうございますm(__)m
応援、ありがとうございま~す♪
とまとの下手な写真を誉めて頂き、感謝です!!
とまとも、後ほど応援に伺いま~すヽ(^o^)丿

黒田裕樹さんへ

コメントありがとうございますm(__)m
いい曲ですよね~♪
とまとも、大好きです。
「子供に愚痴を聞かせず、男の嘆きはほろ酔いで、酒場の隅に置いていく」
そうゆう男性に、惚れたいです。

姉さんへ

コメントありがとうございますm(__)m
立派なことを書いている人が、立派なことをしている人とは限らない。
とまとも、書いておきながら、なかなかそうできないです(笑
でも、反省する人には、進歩があると言いますから♪
反省した分、前進して行きたいと思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございますm(__)m
勇気・・・(^^;
とまとは、厚かましい人間なので、あまり気にしたことなかったです。
そっか、勇気がいるんだ。
じゃあここには、勇気のある人が、いっぱいだぁ~♪
漢文の宿題、がんばってくださいね。

哲雄さんへ

コメントありがとうございますm(__)m
論語は、孔子の孫弟子が「また聞きを寄せ集めたもの」ですから、どんな解釈も成り立つものだと思います。
読む人の数だけ、違う解釈がある。
それが、論語なのだと。
だからこそ、2千5百年も、語り継がれてきたのだと思います♪
専門に研究なさっている方からすれば、とまと解釈はとんでもないかもしれませんが…(^^;
ぽちっとして下り、ありがとうございますm(__)m

lifeonmarsさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
言えば楽になりますが、聞いた人がどう思うだろうと、考えてみることも、大切だと思います。
怒りを遷されて、喜ぶ人はいないはずですから♪
遷すのは、笑顔と優しさの方がいいですよ~。

玉ねぎあれるぎーさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
愚痴を聞いてくれる家族がいるって、幸せなことですよね。
相手を大切に思っているから、聞けるのだと思います。
なんでも話せる人がいる。
その幸せを、大切になさってください。

きっちさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
ブログは、不特定多数の方に読まれるものですから、
怒りを遷す記事は、コワイですね。
とまとも、そうゆう話しは書かないように、心がけています。
どうせなら、温かい気持ちを遷したいなぁと・・・
またのお越しを、お待ちしておりますm(__)m

アイアルさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
甘えられる人がいる。
素晴らしいことですよね♪
そして、甘えさせてあげられる人は、もっと素晴らしいと思います。
とまとも、そんな風に、人の気持ちを受け止められる人間に、なりたいなぁと思っています。
応援のぽち、ありがとうございますm(__)m

えめるさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
大切な人だから、怒りを遷すのはかわいそう。
そう思えたら、怒りをコントロールできるように、なるかもしれないですね。
リンク、ありがとうございます。
URLを教えて頂けましたら、早くお礼に伺えるので、助かります。
これからも、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

サイヒヨさんへ

コメントありがとうございますm(__)m
怒った気持ちを遷しても、気分がスッキリするのはその人だけ。
聞いた人がどんな気持ちになるかを考えてみるのも、大切だと思います。
優ししい人にこそ、楽しい話を聞かせてあげたいですね♪

こんにちは(*´∀`*)

愚痴ばっかりのブログなのでお恥ずかしいところですが(ノ´∀`*)

他人にはたいしたことないような怒りや不安や不満。
その後その気持ちをどういう風に昇華させていったかっていうところまで書くことが同じ怒りなどを持った人の心のよりどころになることもあるのではと思いマス。
ブログの場合は、ですネ(゚∈゚*)

読んで眉間にしわがよりっぱなしで終わる話だと、書き終わった自分もしわがよりっぱなしになってたりヾ(。・ω・。)ノ゙ ダメダメー
ぉぉ、シワシワになっちゃう予感、ゥフフ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みなみさんへ

コメントありがとうございます。
シワシワになってしまう記事は、困りますね~(^^;
拝読しても、どうコメントをしたらいいのか、悩んでしまいます。
結末が、良い形で結んであれば、コメントのしようもありますが…
愚痴だけで終わってしまっている記事は、本当に困ります。
だからとまとは、なるべく読む方を困らせないようにと心がけて、記事を書いております。
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。