スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊水検査・あとがき

091213 049



明るいクリスマスシーズンに、重たい内容の記事にお付き合い下さり、ありがとうございます。

とまとは、医療機関従事者でも、羊水検査や遺伝子学についての専門家でも、ありません。
高齢妊婦の1人です。
ですから、専門的なことは、一切承知しておりません。
ただ、自分が見聞きし、そして感じた事を、記事にしたにすぎません。

羊水検査について、お医者様からどうするか問われた時、とまとなりに、本を読んだり、インターネットで関連記事を検索したりして、勉強しました。
その時感じたことは、この体験に関するレポートが少ないとゆう事でした。
検査をする側、つまり、専門家と思われる方が書かれたものはあるのですが、実際に検査を受けられた方の体験談には、あまり出会わなかったのです。

痛かったのか?
怖くなかったのか?
赤ちゃんの様子はどうだったのか?
なぜ、検査を受けようと思ったのか?
受ける前の気持ちは?
受けた感想は?
検査結果を、ご夫婦で、どう受け止めたのか…
検査を受けるにあたって、知りたい事は沢山あるのに、そうゆう具体的な内容は、あまり多く見つけられませんでした。

しかし、それも仕方がないのかもしれません。
そもそも、検査を受けられる方が、少ないのですから。
羊水検査は、全ての妊婦さんが経験するものではありません。
お医者様が、検査を受けるか否かを訊ねるのは、35歳以上の妊婦さん。
その中で、実際に検査を受けるのは、10人~20人に1人と言われています。
妊婦さんが35歳未満の場合は、ダウン症の子供が生まれる確率よりも、検査することによって流産する確率の方が高いので、お医者様は検査についての説明をしないのだそうです。
また、妊婦さんが35歳以上場合でも、費用が全額自己負担であることや、検査をしてくれる病院(遺伝子学を研究している大学病院)が近くにない為、検査を受けられない場合もあるようです。
そして何よりも、検査の結果によっては、堕胎を望まれる場合もあるので、医療倫理の観点から、お医者様は、積極的に検査をお勧めはしない、とゆうルールがあるようです。
そんなこんなを考えると、羊水検査の体験レポートが、多くないのは、仕方のない事だと思いました。

一方、だからこそ、検査を受けると決まった時、この事は、ちゃんとレポートにしなければならないのではないか、と思いました。
とまとのように、羊水検査についの情報を欲している方は、他にもいらっしゃるはずです。
専門的な内容だけではなく、検査を体験した妊婦の、生の感想を欲している方が…
そんな方に、少しでも参考になればと思い、とまとの素直な気持ちを、記事にさせて頂きました。

ただし、ご質問やお問い合わせを頂いても、とまとは専門家ではありませんので、お答えのしようがございません。
とまとの記事を読んで、羊水検査について疑問を抱かれた方は、どうか、専門家にご相談くださいm(__)m

頂いたコメントの中で、気になったものがございましたので、それに対するとまとの体験を書かせて頂きます。

一つ目は、「染色体異常は、妊婦の年齢だけでなく、職業も関係があるのではないか?」とゆうもの。
とまとの読んだ資料の中には、妊婦の職業については、何も書かれておりませんでした。
また、とまと自身、検査をするにあたって、担当医・カウンセリングしてくれた先生・検査をしてくれた先生と3人の先生のお世話になったのですが、そのどなたも、現在そして過去についても、とまとの職業は一切訊ねられませんでした。
問診票にも、職業について記入する欄は、ございませんでした。
ですから、とまとの体験では、妊婦の職業と染色体異常の関連性については、問題視されていないらしいと、感じられました。

二つ目。「染色体異常は、妊婦だけでなく、夫の年齢も関係があるのでは」とゆうもの。
これについては、ブロッコリーさんも随分気にしておりました。
とまとよりも、ブロッコリーさんの方が年上なので。
しかし、妊婦の職業同様、赤ちゃんの父親の年齢についても、検査をするかどうかを決断する以前の段階で、聞かれたことはありませんでした。
ブロッコリーさんの年齢や生年月日は、母子手帳にも書いていないし、産科の問診票にも記入する欄はございません。
もちろん、直接に訊ねられた覚えもありません。
頂いた資料の中には、妊婦さんが若くても、赤ちゃんのお父さんが65歳以上の場合は、検査をした方がいい、とは書いてありましたが、実際、検査をするかどうかを問われた段階では、一切訊ねられなかったとゆうのが、とまとの経験です。
検査をする直前(検査開始5分前)に書かされた問診票に、初めて赤ちゃんのお父さんの年齢を書く欄があり、「やっと聞かれたよ」とゆう感じでした(笑
このことから、染色体異常に関して、赤ちゃんの父親の年齢は、あまり問題視されていないらしいと、とまとは感じました。

上記二つは、あくまでも、とまとの経験と、それを元にとまとが感じたことであり、実際、専門家がどう考えているのかは、不明です。
とまとが検査して頂いたのとは別の医療機関では、それらについての関連を調べているのかもしれませんし…
詳しい事は、どうか、専門家にお訊ね下さい。

最後に…
検査を受けての感想ですが、検査を受けて、良かったと思っています。
検査中はとても怖かったし、お腹が痛くなった夜は、検査を受けた事を、心から後悔しました。
でも、そんな経験をしたことで、とまとは改めて、らもちゃんがお腹にいる事の嬉しさや有り難さ、何よりも、命の尊さを再確認することができました。

世の中には、赤ちゃんを授かることを望んでいるご夫婦が沢山いらっしゃいます。
とまとが今回お世話になった病院にも、不妊外来があって、いろんな方と待合室で一緒になりました。
ふくらみかけたとまとのお腹を見つめていた、女性の眼差しが忘れられません。
その時とまとは、『命は、決して偶然、授かるわけではない』、と感じました。
赤ちゃんを授かることを望む人が、沢山いる中で、とまとの所に来てくれた、らもちゃん。
この巡り合わせを、大切にしなければと、思いました。
と同時に、とまとを丈夫に産んでくれ、そして、育ててくれた母に、改めて、感謝の気持ちがわきました。

羊水検査を受けるか否か。
またその結果を受けて、出産するか否か。
人によって状況が違いますので、これは、とても難しい問題です。
でも、高齢で出産する女性がふえつつある現代、避けては通れない問題でもあります。
そんな高齢妊婦さんと、そのパートナーさんにとって、とまとの今回の経験が、少しでも参考になれば、幸いです。

長い体験談にお付き合い下さり、ありがとうございますm(__)m



ランキングサイトへの投票ボタンです。
Ctrlキーを押しながらクリックすると、ストレスが軽減します。
携帯からも投票可→人気ブログランキングへ
PCからのみ→
PCからのみ→にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

初めてコメントを下さる方は、「コメントを入れる前に・・・」又は「ネチケットについて」を必ずご一読ください。
とまとが不適切と判断したコメントは、削除させて頂きます。
また、当ブログに投稿されたコメントの著作財産権は、管理人に帰属するものとします。
画像・本文の無断転記はお断りします。
過去記事へのコメントも、最新記事に入れて下さると、嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

 貴重な御体験(羊水検査)の記事、興味深く読ませていただきました。
 とまとさんのおかげで、こんな貴重な記事に触れさせていただいたことに感謝します。
 私もいつか、とまとさんのように赤ちゃんがやってくる日が来るはずです。
 その時の参考にさせて頂きます。
(書籍化待ってま~す)
ありがとうございました。

No title

一安心ですね。
でも、赤ちゃんができるって
とんでもなく大変な、大事件なんですね!
らもちゃんとの絆も一気に深まり、
出産が待ち遠しいですね(o^-')b

どうか大切に、どうかご無事に、
この世に誕生することをお祈りいたします。

いつもとまとさんには、心穏やかにして頂いてます。
ありがとうございます。

こんにちは

大変でしたね・・・でも大丈夫そうで良かった。。(´▽`) ホッ
今年もあと僅か、お体に気をつけて過ごしてくださいね(^^
お腹の赤ちゃんと3人で良い年をお迎えください。。

No title

とても貴重なレポートありがとうございます。
すごく参考になりました。
というより、まったく知らなかったので驚きの連続でした。
妊婦にならないと見たり調べたりなどしないので、もし結婚して妊婦になるようなことがあったら参考にさせていただきたいと思います。
赤ちゃんかぁ・・・なんだかすごいなぁ。。。
猫の子供は取り上げたことあるのですが(^^;

ありがとうございました

先日コメントさせていただいた35歳初産の者です。

羊水検査のお話、考えながらじっくり拝見させていただきました。
羊水を取る検査がどの程度のものなのか想像がつきませんでしたが、思ったことをそのまま書いてくださっているのでとても参考になりました。
書くにあたって、迷われたことなどもあると思いますが、私のように悩んでいる方がこれを読むことによって、納得して自分がどうするか決めるきっかけになるのではないかと思います。
事実、私は今どちらにするか決めました。

お礼を言っても言いきれないとはこういうことだと思います。本当に、本当にありがとうございました。

また寄らせていただきます。

No title

とまとさん、こんばんは♪

検査の結果、問題なくってよかったですね!
素敵なクリスマスを迎えられたのではないでしょうか。

とまとさんに謝らなければいけない事があります。
先日、軽々しく「検査を受けられた方が・・・」とコメントに書いたのですが
検査を受けるだけでも流産の可能性があることをとまとさんの記事で知りました。
もっと慎重に発言するべきでした、本当にすみません。
でもよかったです、検査結果が問題なくって♪

大事に大事にしてくださいね。

 無事に検査が終わって良かったですね。ほっとしました。
 私は息子を授かる前に流産していましたから、「膨らみかけたお腹への視線」が気になりました。
 とても辛かったです。息子が授からなかったらどんなになっていたか・・・あの頃、赤ちゃんの匂いを嗅ぐのも辛かったし、妊婦さんも見られなかった。
 とまとさんは、そんな人たちの心までこの検査で察することができたようですね。母親になって、私も初めて母親の気持ちや大変さが分かったのです。そして、子を持つことの素晴らしさもね。

こんばんは

とまとさんのご決断を、らもちゃんが後押ししてくれたのだと思います。
貴重な、そして心温まる体験談を有難うございました。

10万HIT、おめでとうございます(^o^)丿
来るべきご出産に向けて、幸先良い出来事になりそうですね(^_^)v

小谷桃子さんへ

コメントありがとうございます。
この経験が、いつかどなたかのお役に立てれば、光栄です。
長い記事に、お付き合い下さり、ありがとうございますm(__)m

kyomoさんへ

コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつも温かいコメントを頂いて、
kyomoさんのお名前を拝見するだけで、コメントを読む前から、
穏やかな気持ちにさせて頂いております。
本当に、ありがとうございます。

金麦さんへ

コメントありがとうございます。
始めての、三人で迎えるお正月♪
何をどう準備したらいいのか(^^;
バタバタしておりますが、来る年も、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

日下ヒカルさんへ

コメントありがとうございます。
とまとも、自分が身ごもるまで、全く知りませんでした。
そんなもん、ですよね~♪
いつか、この経験が、ヒカルさんのお役に立てましたら、光栄です。
(いや、高齢出産ではなく、若いうちにそうゆうご縁があることを、願うべきか?)
そういえば、猫ちゃんも、多産で安産ですよね。
なのになぜ、「戌」なんだろう?

ももさんへ

コメントありがとうございます。
とまとの記事が、今後の参考になれば、光栄です。

一度目のコメントを拝見し、とても悩んだのですが…
やはり、とまとのブログにコメントを投稿下さる場合には、URLを入れて頂きたいと思います。
ももさんのブログに、メールアドレスを公開してあるのは、ももさんの都合であって、とまとの関知することではございません。
この理由で、URLなしのコメントを容認してしまいますと、今後当ブログは、メールアドレスを公開している全ての方からのコメントを、URLなしで容認しなければならなくなります。
とまとは、ブログを通じていろんな方とコミュニケーションを取りたいと考えておりますので、こちらからのレスポンスが不可能なコメントは、求めておりません。
ももさんの都合は、どうか、ももさんのブログでのみ適用し、当ブログにコメントを下さる場合には、当ブログのルールに則って、コメントを投稿ください。
自分のルールは、自分のブログで。
訪問先のブログでは、訪問先のルールで…
それが、顔の見えない者同士が交流するネット社会で、お互いを尊重するとゆうことではないでしょうか?

★Teddyboy★さんへ

コメントありがとうございます。
どうか、お気にになさらないでくださいm(__)m
検査を受けることについて、ブロッコリーさんだけでなく、いろんな男性(夫の立場)の意見をお伺いすることが出来て、良かったと、思っております。
結果良ければ、全てよし♪
と言うことでヽ(^o^)丿

茶目太さんへ

コメントありがとうございます。
赤ちゃんが欲しいのに、授からない人の気持ち…
恥ずかしながら、とまとはこれまで、考えたこともありませんでした。
今回の検査を通して、いろんな事を学びました。
今後も、この気持ちを忘れないようにしたいと思います。

黒田裕樹さんへ

コメントありがとうございます。
お陰さまで10万ヒット
クラッカー( ・_・)。∠※PON!。.:*:・'°☆。.:*:・'°★°'・:*
まさか、年内に到達するとは思っておりませんでしたので、驚いております。
これからも、来て下さった方が、喜んでくださるような、記事を書いていきたいと思います。

温かい言葉を、ありがとうござまいすヽ(^o^)丿
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。