スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊水検査・③

091213 035



はじめに…
昨日の24時を持ちまして、「2009年・高知旅づくりコンテスト」の投票が終了しました。
応援して下さり、ありがとうございます。
お陰さまで
ご訪問者数 3833
高知に行きたいボタンクリック数 803
コメント数 17
とゆう結果になりました。m(__)m
最終順位は、1月下旬に発表されるみたいです。
結果が出ましたら、また、ご報告させて頂きたいと思っております。
温かいご声援&ポチを下さった皆さま、本当に、ありがとうございますm(__)m


ココから本日の記事です↓

羊水検査は、エコー(超音波)でお腹の赤ちゃんの様子を見ながら、細い注射針を穿刺(せんし)して、羊水を採取します。
やる事は、血液検査の採血と大きく変わりません。
所要時間も同じくらいです。

でも…怖さは比べようがありません。
ベットに寝て、お腹を消毒された後、
「ちょっとチクっとしますよ。」
と、優しく言われたのが、恐怖の始まりでした。
採血のように腕からではなく、赤ちゃんの入っているお腹に針を刺して、羊水を吸い上げるのですから。
もちろん、麻酔なんてしてくれません。
検査前は、赤ちゃんの様子をエコー画面で見せてくれていた先生も、
「採取中は、画面は見ないでくださいね。ちょっとでも動くと、危険ですから」
と、画面を向こうに向けてしまいました。
まあ、怖がりのとまとが、らもちゃんの近くに針が入っていく画像なんて、正視できるわけないんですけどね(^^;
2.3度チクリとした後、
「はい、動かないでください。」
と言われてからは、金縛りにあったみたいに、動けなくなってしまいました。
呼吸をするのだって、お腹が動かないように、そっと、そぅ~っとしました。

しかし、とまとはこんな状態ですが、お腹の中のらもちゃんは、そうではありません。
なんてったってらもちゃんは、「触ってはいけません」と書いてあれば必ず触るあの、ブロッコリーさんの子供です。
動いてはいけませんと言われたら、いつも以上に動きたくなるのではないでしょうか。
それでなくても、最近はよく動くようになっていました。
普通、この時期の赤ちゃんは、5分に1回くらい動くそうですが、検査前に見せて頂いたエコーでは、1分間に5回くらい動いていたような気がします。
事前に頂いた資料の中には、
『採取中に赤ちゃんが動いて針に接触し、最悪の場合は流産となったり、胎児に傷跡が残る可能性がないとは言えません』
と明記してありました。
いやだよ~!
万が一、らもちゃんが動いて、そんな事になったらどうしよう?
お願いだから、らもちゃん、今だけは大人しくしてて。
とまとは、胸の上で組んだ手に力を込めて、思いつく限りの何もかもに、お祈りしました。

採取が終わるまでの数分間が、どんなに長く感じた事か!
終わった時には、全身の力が抜けてしまいました。

検査後、それまで廊下で待たされていたブロッコリーさんが、検査室に入ってきました。
「どうやった?」
と聞いてくれたのへ、とまとは
「もう2度と、こんな怖い検査したくない!」
と、答えました。
動いている赤ちゃんがいるお腹に針を刺す。
それが、こんなに怖いことだとは思いませんでした。

ダウン症の赤ちゃんが生まれる可能性が高いと分かっていても、羊水検査を受ける高齢の妊婦さんは、10人から20人に1人くらいなのだそうです。
近くに検査をしてくれる病院がない場合や、その費用が保険の適用外であることが大きな要因だそうですが、何よりも、検査が怖いと言うのが、本音ではないでしょうか。

つづく


♥♥♥ 一日一笑(^O^) ♥♥♥
 変換ミスシリーズ
「常識力検定を導入する」 → 「上司気力検定を導入する」   
立川談四楼『もっと声に出して笑える日本語』より


ランキングサイトへの投票ボタンです。
Ctrlキーを押しながらクリックすると、ストレスが軽減します。
携帯からも投票可→人気ブログランキングへ
PCからのみ→
PCからのみ→にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

初めてコメントを下さる方は、「コメントを入れる前に・・・」又は「ネチケットについて」を必ずご一読ください。
とまとが不適切と判断したコメントは、削除させて頂きます。
また、当ブログに投稿されたコメントの著作財産権は、管理人に帰属するものとします。
画像・本文の無断転記はお断りします。
過去記事へのコメントも、最新記事に入れて下さると、嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

考えただけでも、恐ろしい検査です。
とまとさん、きっと物凄く辛かったですよね。
本当に、よく、頑張りましたね。
「母は強し」って本当ですね。
既に母親の貫録を文章から感じます!!

何も出来ませんが、応援させて下さい!

(ポチ・ポチ・ポチ)

No title

マウスに置いた手に思いっきり力が入ってしまいました。
おかげんどうですか?

心配性にスイッチが入ってしまいました。
こころ安らかなクリスマスを迎えて下さいね。

No title

とまとさんこんにちは~♪

大変でしたね~
お腹に針を刺す、それもらもちゃんのいるところとは、気が気でなかったとまとさんのお気持ちが伝わってきました。
ほんの一握りの人しか検査を受けられない理由も分かるような気がします。
よく我慢されましたね~
私なら逃げてたかもしれません。
でもまだこれからですよね。
とまとさん頑張ってくださいねo(^-^)o

ポチ

お邪魔しました^^

よくがんばりました♪

ホント、検査ってなんであんなに脅かす??

よくがんばりました。
もちろんぽち♪です。

こんばんは!

まだ、記事のお話の途中で、検査の結果も分かりませんが、
どんな結果であろうと、らもちゃんがおふたりにとって
世界一可愛いベイビなのは間違いないわけで…^^

なので、とまとさんとブロッコリーさんとらもちゃんに、めりーくりすます。
とまとさんと、とまとさんのご家族と、とまとさんの大切な人々に、
たくさんの幸せが訪れますように………ぽちん

No title

祈っております

No title

一体どうやって検査するんだろうと思っていたら、そんなに直接的にぶっさり射すんですね・・・。
それも、腹に。
そりゃ・・腹でしょうが・・・しかし、腹。
・・・怖い><;;;
とまとさんよく耐えましたね。すごい・・・
私聞いただけでどうかなりそう(涙)

No title

こんばんは、とまとさん。
がんばりましたね。
私自身ここの所、コメントをどうしたらいいのか解りませんでした。
私自身、他のブロガーさんで、お子さんがダウン症の方がおられ、互いに毎日の様にブログを訪問し合っていますのでコメントが見つかりません。ただ、東大を出ても社会に適応出来ずに人生を過ごす人だっていますから。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

kyomoさんへ

コメントありがとうございます。
応援して頂くことが、何よりの励みになります。
ありがとうございますm(__)m

rai*chiさんへ

コメントありがとうございます。
ちょっと、怖い思いを素直に書き過ぎてしまったでしょうか?
でも、検査を安易に考えている方に、少し、考えて貰えたら…とゆう気持ちもあって書きましたので、ご勘弁くださいm(__)m
温かい言葉を、ありがとうございます。

まり姫さんへ

コメントありがとうございます。
とまとも、逃げたかったです(>_<)
大学病院だから、若い男性のお医者さんが何人も見てるし(^^;
このケイケイんで、ちょっと度胸が据わったかも(苦笑

いつも応援して下さり、ありがとうございますm(__)m

ほのぼのさんへ

コメントありがとうございます。
そうなんですよ♪
どうして、あんなの怖がらせるの?
って、感じです(^^;

ご褒美のぽち♪ 嬉しいです(^O^)

chibiromanさんへ

コメントありがとうございます。
お陰さまで、検査の結果も異常なしで、人様よりも、一足遅れではありますが、クリスマスを祝うことができました。
温かい言葉を、ありがとうございますm(__)m

赤岡町とさをさんへ

コメントありがとうございます。
祈りが、通じたみたいです♪ヽ(^o^)丿
ありがとうございます!!

日下ヒカルさんへ

コメントありがとうございます。
そうなんですよ♪
もっと、ケアフルかと思ったら…(^^;
情け容赦のない、検査方法でした。
怖かった~!!(>_<)

スリランカクラブさんへ

コメントありがとうございます。
コメントを入れにくい記事で申し訳ありません。
そんな時はどうぞ、ご遠慮なく、スルーなさってくださいね♪
らもちゃんにとって、何が幸せなのか…
それは、らもちゃんにしか分からないことですから、とまとは、黙って見守ってやるしかないと思っています。
親って、本当に、難しいですね(^^;

金剛寺まるきん住職さんへ

コメントありがとうございます。
記事、楽しみにしておりますヽ(^o^)丿
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。