スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とまとの土佐日記16

090823 237
2009年高知旅づくりコンテスト、投票期間は12月23日24時までです。
必見! 土佐の秘密♪
どうぞ宜しくお願いしますm(__)m



16 真夏の昼の夢

前回のあらすじ。
高知を立ち去る前に、ブロッコリーさんの希望で漁港を訪れたとまと達。
そこで、漁から帰ってきたばかりの船に近付き、「こんにちは!」と声をかけたら、気のいい漁師さんが、なんと獲れたての鯖をプレゼントしてくれました。
「刺身で食べたら旨いで。坂道の上の食堂で、お願いしてみ。」
と教えて頂き、とまと達は、鯖を持って、急いで坂道を登る事になったのでした♪
もちろん、大喜びで(^◇^)

午前中とは言え、8月の南国で、坂道を急ぎ足で登る。
日頃から、あまり運動をしないとまとにとっては、それだけでも十分「サバイバル」な事なのですが。
今回の主役は「鯖」です!
足の早い魚なだけに、見事な威張りっぷりでした(謎
これがホントの鯖威張る?

漁師のおじさんに教えて頂いた食堂は、すぐに見つけられました。
「こんにちは~」
観光客が訪れるには、まだ早い時間。
昨日のお客を送り出して一息ついているらしい、近所の旅館の奥さん方が集っていたところに、入って行きました。
「実は今、この下の漁港で、鯖を頂きまして…」
ブロッコリーさんが、袋を持ちあげつつ、ここに来た事情を説明しました。
「まあ、それはそれは。」
と、その食堂のおかみさんらしい方が出てきて、
「でもねぇ…」
申し訳なさそうに言いました。
「板長が、今、出かけておらんのよ。」
「え?」
「いてたら、そうゆう事が好きな人やから、よろこんでやってくれると思うんやけど、留守やからねえ。勝手に私らが包丁触ったら叱られるし。」
「あらら。」
「申し訳ないんやけど…」
と、魚を返されてしまいました。
いや、返されても(^^;
困った顔をしてみせるとまと。
その時1人の奥さんが、
「そうや。△△さんのところでなら、やってくれるかもしれん。あそこのマスター、調理好きやから。」
と、思い出してくれました。
行き方を教わると、そこから車で5分くらいの所だそうです。
早速、行ってみることにしました。
が、その前に…
「そのままじゃ、鯖がダメになるわよ。」
と注意され、あれよあれよと言う間に、発泡スチロールの箱と氷が出て来て、そこに、鯖を入れてくれました。
「鯖は生き腐りって言うくらい、ダメになるのが早い魚やからね。こんな真夏に、氷もなしで持って歩いてたら、直ぐに腐るわよ。」
とまと達は、奥さん方の親切に、何度も何度も頭を下げて、お店を出ました。

教えて頂いたお店は、喫茶店でした。
教えて頂いた通り、車で5分のところにありました。
でも、その日は定休日でした。
ガーン!
万事休す(>_<)

「やっぱり、知らん土地で、食べ物貰って、それを地元の人の親切で美味しく頂ける、なんて、テレビの中だけの事やったんやなぁ。」
ブロッコリーさんが残念そうに、肩を落としました。
獲れたての鯖のお刺身が食べられる。
それは所詮、真夏の白昼夢だったようです。
「でも、一瞬やったけど、いい夢見れたやん♪」
とまとは、できるだけ元気に言いました。
鯖を貰えた。
奥さん方にも親切にして貰った。
それだけでも、有り難いことです♪
そんな地元の方々の優しさをお土産に、高知を立ち去ることにしました(^O^)

090823 224
↑清水鯖のお刺身。写真は、前日の夜、民宿で頂いたものです。


♥♥♥ 一日一笑(^O^) ♥♥♥
「駅伝のランナーが引き継ぐものは」
「バトン」
「惜しい、似ています」
「マトン」   
立川談四楼『もっと声に出して笑える日本語』より


ランキングサイトへの投票ボタンです。
Ctrlキーを押しながらクリックすると、ストレスが軽減します。
携帯からも投票可→人気ブログランキングへ
PCからのみ→
PCからのみ→にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


初めてコメントを下さる方は、「コメントを入れる前に・・・」又は「ネチケットについて」を必ずご一読ください。
とまとが不適切と判断したコメントは、削除させて頂きます。
また、当ブログに投稿されたコメントの著作財産権は、管理人に帰属するものとします。
画像・本文の無断転記はお断りします。
過去記事へのコメントも、最新記事に入れて下さると、嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。。

この後、鯖はどうなったのでしょうね・・・。

やさしさやぬくもり溢れる旅でしたね。。

ぽち!

No title

サバは何処に?

No title

とまとさんこんにちは☆

3日ほどご無沙汰してしまいました^^
書籍化のお話いいですね~
ぜひ挑戦してみてください(らもちゃんの負担にならないようにね)

鯖のお刺身惜しかったですね(*^_^*)
でも土佐の人は親切な方が多いですね~
というより四国の方は世話好きの方が多いようです。

でもほんとに惜しかったと思います。
獲れたての魚はほんとに美味しいですからσ(゚ー^*)

ところで、私のところは大雪に見舞われてますけど、とまとさんの地方は雪は降っていますか?
すごく寒いですから風邪など注意してくださいねσ(゚ー^*)

応援のぽち

お邪魔しました。

No title

>これがホントの鯖威張る?

って、とまとさん・・・^m^

結局、いただいた鯖はどうされたんでしょうか??
しかし残念でしたね。写真から鮮度が伝わってきますよ。

No title

こんばんは。

せっかくいただいた サバが食べれなくて残念でしたね。
でも、地元の人たちの "心意気" を感じる
素敵な経験をされてて うらやましいです。v-410

店長も、こういったことにはあこがれちゃいますね。
男として(?)・・・なのかな?

ポチポチッと・・   では

No title

これには少々驚きました。
鯖って普通に生で食べるので・・・(福岡だけ?)
ただ、気をつけてくださいませ!!><
アニサキスがいますからっ!!
(やられた私・・・)
気をつけて・・・ください。
生で食べるときはっ!!!
ゴマ鯖がオススメ♪なんですが・・・

浮世亭笑楽さんへ

コメントありがとうございます。
本当に、土佐の人は、優しい人ばかりでした。
とまとも、地元で観光にいらっしゃっている方を見かけたら、
親切にしようと、思いました(^O^)
いつもポチ、ありがとうございますm(__)m

スリランカクラブさんへ

コメントありがとうございます。
もちろん、とまととブロッコリーさんの胃の中へ~♪

marihimeさんへ

コメントありがとうございます。
書籍化への、温かいお言葉、ありがとうございます。
何しろ、始めての妊娠なので、
勝手がわからなくて、オロオロしております。
何がらもちゃんの負担になるのか、見当もつきません。
アンケートの結果をもとに、ブロッコリーさんとゆっくり話合って決めたいと思います。

捕れたての鯖を頂く機会なんて皆無なので、食べたかった(>_<)
これも、日頃の行い、の結果でしょうか? (クスン)

雪見舞いありがとうございます。
お陰さまで、こちらは寒いだけ!で、済んでおります(笑
marihimeさんのところの方が大変そうで…お見舞い申し上げますm(__)m

fedorov500さんへ

コメントありがとうございます。
とまとは、時々、冬将軍よりも寒いギャグを書きますので、ご注意くださいm(__)m
直撃を喰らうと、春まで凍りついたままになってしまいます(^^;

店長さんへ

コメントありがとうございます。
地元の方の心意気。
本当に、感動しました♪
旅って、こうでなくっちゃ(^O^)
観光地を巡ってお土産物を買うだけじゃ、つまらないですよね。
ぜひ、男として(?)、地元の方に体当たりする旅を、なさってください。
楽しいですよ~♪

いつもポチ、ありがとうございますm(__)m

日下ヒカルさんへ

コメントありがとうございます。
福岡…だったんですね。
てっきり、関東の方だと思いこんでおりました♪
もしかして、日下ヒカルさんが生で召し上がっているのは、
かの有名な、「関サバ」なのでしょうか?
だとしたら…ジュル♪
当たってもいい! 食べたい~!!(笑
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。