スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉に捧げるバラード

姉に捧げるバラード



とまとの家は母子家庭でした。
とまとが物心つく前に父がいなくなってしまったので、とまとは父親の顔を知りません。
母は体の弱い人で、家で寝ているか、入院している事の多い人でした。

姉がまだ小学校の低学年だった頃。
ある日、学校から帰ってくると、寝ている母の枕もとで、朝と同じパジャマ姿のまま、とまとが一人で遊んでいました。
「とまと、お昼ごはんは?」
「ううん。」
「給食のパンの残りがあるけど、食べる?」
「うん。」
とまとは、勢いよく食べたそうです。
それを見ながら、姉は考えました。
「私は、例え家でご飯が食べられなくても、学校へ行って、給食が食べられるからいいけど、とまとはどうするんやろう?」
その日以来、姉は毎日、学校給食のパンを残して、持って帰って来てくれるようになりました。

母は、父親に出て行かれたショックと、自身の体の調子が悪いのとで、その当時、ほとんど家事も育児も放棄状態でした。
夕飯を作ってくれたのはいつも姉です。
とは言っても、姉は小学校の低学年。
火を使った調理はできません。
主な献立は、塩にぎりでした。
白いご飯に塩をつけてにぎっただけのおにぎりですが、とまとは大好きでした。
炊きたてのご飯を、熱いのを我慢して、握ってくれた姉の顔を、今でもはっきり覚えています。
近所の人が、生で食べられる野菜(きゅうりやキャベツやとまと等)をくれた時には、それにお醤油をつけて食べました。
鶏を飼っている家の人が、たまごを分けてくれた時は、たまごかけご飯にして食べました。
姉が、学校の家庭科の時間にカレーの作り方を習い、お肉のかわりに魚肉ソーセージでカレーを作ってくれた時は、美味しくて、とまとはいっぱいお替りをしました。

中学を卒業すると、姉は住み込みで働きに出ました。
小学生の頃のとまとは、いじめられっ子でした。
毎日のように泣いて帰るとまとを見て、母は、
「公立の中学に行かせるのはムリ」
と、判断しました。
当時、とまとの校区の中学校は、校内暴力で荒れていたからです。
イジメられて自殺されたらかなわんから…
と、とまとは私立中学に進学させてもらいました。
しかし、生活保護を貰って暮らしている母子家庭に、そんな経済力など、あるはずがありません。
それを、支えてくれたのが姉でした。
その頃は、幾分元気になっていた母が、生活保護を打ち切られた後、働いて、母子2人が食べていける分だけはなんとか収入を得ていましたが、私学の学費を払うには足りませんでした。
それを、払ってくれたのが、姉なのです。

姉ととまとは5つ違いです。
姉は当時18歳から20歳。
子供のとまとから見れば、5つ年上の姉は立派な大人でしたが、今のとまとから見れば、18歳は立派な子供です。
遊びたい盛りの年齢です。
それどころか、親にお金を出して貰って学校に行き、
「あれ買って、これ欲しい」
と、お小遣いを貰っていても、不思議のない年齢です。
その、青春まっただ中の三年間、姉はせっせと働いて、とまとの学費を払ってくれました。

中学3年生ともなると、自分の家庭の経済状況もわかってきます。
私立の中学に通うのが、身に過ぎた贅沢であると、とまとにも理解できるようになりしまた。
だからとまとは、中学を卒業したら、姉のように働きに出ようと考えていました。
その考えに、猛反対したのが姉でした。
「学費くらい私がなんとでもするから、お前はちゃんと学校に行き。高校どころか、大学まで行くんやで。」
冗談じゃない!
と、とまとは思いました。
「姉ちゃんと母ちゃんを働かせて、私だけがのんびり学校になんか、よう行かん。私も、中学卒業したら、働く。」
話し合いと言うより、ケンカになってしまいました。
しかし、目先の事しか見えていない子供のとまとと、早くから世間の荒波にもまれて苦労をした姉とでは、勝負になりません。
「中卒で働くよりも、高卒、大卒の方が、ええお給料もらえるんやで。お前がホンマに私や母さんのことを思うんやったら、ええお給料貰えるような人間になって。そうしたら、私もお母さんも、思いきりお前に甘えさせて貰うから。」
姉の説得に負けて、とまとは高校に進学することになりました。
しかし、エスカレーター式で進級できる私立の高校ではなく、夜間定時制高校を選びました。
「勉強だけするのはいやや。せめて、自分の食費くらいは、自分で稼ぐ!」

時は流れ…
姉は女児を出産し、子供の頃の食生活は、一生を左右すると信じて、毎日毎日、バランスの良い食事つくりに明け暮れていた頃。
「それにしても、子供の時あんなにひどい食生活やったのに、お前、よく無事に育ったなぁ。」
姉よりも背が高くなったとまとを見上げて、姉が言いました。
「姉ちゃん、分かってないなぁ。」
「何が?」
ニヤリと笑うとまと。
子供は、栄養だけで育つんじゃないんやで。
育ててくれた人の、愛情を食べて育つんやで。
しかし、こんなことを姉に言うと
「アホか。」
と笑われそうなので、とまとは言わないでおきました。

残念なことにとまとは、大学へ進学することはなく、学校が紹介してくれた就職先も辞めてしまい、姉が甘えられるような人間にはなれませんでした。
しかし、人生まだ半分。
お互いがこの世を去る日までには、恩返しをするチャンスもあるでしょう♪

8月は姉の誕生月です。
趣味に合わない物を買って贈るよりも、こうして文章にする方がいいだろうと思い、これまで敢えて書かなかった、姉のことを記事にしました。
手前味噌ですみません。
最後にもう一言。
姉ちゃんの妹に生まれてきて、良かった♪ ありがとう。

グルメ&スイーツ
☆★☆★☆ 本日のおすすめ ☆★☆★☆
いえ、あの、決して…姉の体型がトトロなのでは
ありません!!
      
☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★
とまとが不適切と思ったコメントは、お断りなく削除させて頂きます。
詳しくは、「コメントを入れる前に・・・」をご覧ください。
また、当ブログに投稿されたコメントの著作財産権は、管理人に帰属するものとします。
画像・本文の無断転記はお断りします。
過去記事へのコメントも、最新記事に入れて下さると、嬉しいです。
初めての方へ
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご苦労なさったんですね。

 いろんな御人の「やさしさ」や「ぬくもり」によって、今のとまとさんなんですね。

 家族の「スクラム」は、永遠ですね。

 ・・・・・・ごめんなさい。「感無量」で、言葉が出て来ません・・・。

 幸せよ、永遠なれ!!。。ぽち!!

とまとさん、こんにちは
また来させてもらいました~
とまとさんのブログには、人が忘れてはいけない大切なことが書かれてあると思います
お姉さん優しいですね、とても素敵です、カッコイイです
チョクさんも、なにか1つでも、自分のことを置いておいて、人の為にしたいと思いました! 

とまとさんのブログ、リンクさせてもらいたいです ペコリ

初めまして こんにちは。

素晴しいお姉さんですね。(もちろん お母様も)
もう ウルウルしちゃって 画面がよく見えません。
トマトさんが おっしゃっていた「愛情を食べて育つんやで」
まさに その通りです。
大人になると忘れがちな「家族の愛情に感謝しなければ」と
あらためて思います。

家族は強し。ですね。

とまとさん、こんにちは。
家族の愛情ってとても大切ですよね。

普段当たり前のように接してくれる家族に感謝の気持ちを改めて伝えたいと感じました。

愛読のブログにしたいと思います。これからも楽しみにしています。

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
いいお話をありがとうございます。きっとお姉さんも喜んでくださると思います。
また、お邪魔させていただきます。

ご訪問戴き ありがとうございます。

”とまと”さまは 素晴らしいお母さまとお姉さまの
豊かな愛情に育まれて成長なさったんですね。
家族の無償の愛に 改めて感謝しなければと
思いました 良い話をありがとう!

いい姉妹ですね

ほんにちは。
素敵なお姉さまですね。
愛情豊かなご家庭で育って来られた事がよくわかります。
トマトさんがおっしゃっていた「愛情を食べて育つんやで」 という言葉はなかなか言えませんね。
お二人とも素敵です!
ありがとうございました。
また、伺います。

こんにちは。

経済的に恵まれていなくても、
家族を思いやる気持ち、優しさのなかで育ったとまとさん。
大切に育てられたとまとさんだから、今こうして
皆に、優しさや本当の強さを教えてくれるのですね!

いっぱいの愛情を食べて育ったとまとさん。
身体だけではなく、心も大きく育ちましたね!

日本中の、いや世界中の子供達皆が愛情いっぱいに育ったら
素晴らしい世界になるのでしょうねv-352
そうなる事を願います。

こんにちは。

初コメントです。
とまとさんのブログを知ったのは最近なのですが、
素晴らしいお話の数々に見入ってしまい、癖になっています^^

今回のお姉様のお話も、とっても感動しました。
愛情を食べて育つ、本当にその通りですね。
いつも大切なことを思い出させてくださり、ありがとうございます。

とまとさん♪ご無沙汰して、すみません。その間もご訪問ありがとうございました。やっと、とまとさんのところに戻ってこれた初っ端から、泣かされてしまいました。でも、涙の溢れるお話でも、とても前向きな感じで、晴れやかな気持ちになりました。
あの、メロンちゃんのお母様!やっぱり!さすがですよね♪
もちろん!とまとさんもさすが!です!! 応援しま~す^^

ブログを読んで涙が出たのは初めてです・・・・私の言葉は無力だとおもいしらされています。

最高のお誕生日プレゼントですよ!!!

またきてしまいました・・・クセになってきたかもですw

お姉さん、すばらしいですね!!
本当に感動しましたw

私は一人っ子なのでお姉さんはいませんが
ほしくなっちゃいましたw

こんにちは

今まで素敵なとまとさん、そして素敵なお母さん……と思っていました。
なんと、お姉さんがいらっしゃったんですね。
そして、そのお姉さんがまた素敵な方で……

是非、お姉さんやお母さんが甘えられるようにならないと!
そう、まだ人生半ば、これからですね!  (お互い…)

愛する心は、大きな松明の灯

人の喜びで、一番深いものは
人に期待して、その期待に応えてもらえること
そして
人に期待されて、その期待に応えること
なんです

何よりも素晴らしい喜びを手にしている、とまとさんとお姉さまに ranranは、一万本の薔薇を捧げたい。

愛する心は、大きな松明の灯です。
その灯は 他の松明にあげても絶対に減ることはない
とまとさんの 愛する心を、ブログを通して これからもたくさんの人々に継いであげてくださいね。

こんばんわぁ☆

とまとさん、こんばんわぁ♪

先日は温かいお言葉頂きましてありがとうございましたm(__)m
また、「-道ー」のほうもリンク頂きほんまに嬉しく思います。

寄せて頂くのが楽しみでしたので前回の記事も一気に読ませて頂きましたぁ!
「おもろい人生」の記事は納得の一言です♪
素晴らしい内容でした。私の子供にも伝えてやりたいですね♪

そして「姉に捧げるバラード」ですが感動しました。
素晴らしいお姉さまですね!
ほんまの家族愛ってこれですよね!
なんと良いお話♪
とまとさんもやっぱり素敵な方です♪
ほんまに感動しました!!

長文、申し訳ありませんm(__)m
では、お邪魔致しましたぁ♪
おやすみなさい☆
ポチ、ポチ、ポチッ♪

(^^)

お姉ちゃん、お誕生日おめでとう(^^)
素敵な家族がいてうらやましいです(^^)

とまとさん、栄養よりも愛情。
ほんとにそう思います。
私、中学校の時に父の会社が倒産して大変で・・・
ものすごい生活でした^^;
でも、それがあるから今の私がある。
いい経験をしたと今は心から思えます。

さぁ!明日も頑張ろう(^^)

いいご家族ですね~!!

何ていうか、もう・・・
羨ましくなるような家族愛ですね!!.。*゜(ノД`)゜*。.

ウチの家族もこんな風になれたらな~。

お姉さんも、とまとさんも
素晴らしい人ですね。
拍手せずにいられましょうか!

こんばんは

お母様だけじゃなく、
お姉さんも 偉いねー。

まだまだいっぱい 恩返しできますよ。
って、いうか、とまとさんが幸せであること。

これが 一番だね。 

こんにちは。

平和で苦労もない今ですが、デコボコしてた時期は宝物です。
な~んにもない平和な毎日よりも充実してたかも。
過去を思えばかもしれませんが、デコボコは絆を深めますし愛情やいたわりの心を確かめることもできたりで、物事必ず、両面があるなぁ・・と思う次第です。

では!

強く、優しいお姉様ですね。素晴らしいお話をありがとうございました。

本当は恵まれているのに、それを棚に上げて親子で不平不満を言いあっているケースも多いと思います・・・ギクッ(汗)。

なかなか難しいけど、家族がこのよう気持ちでまとまることができればなぁと思います。いや、そうなれるよう努力していきたいと思います。

「子どもは愛情を食べて育つ」

愛情をいっぱい食べて育ったとまとさんが言うと
説得力があります!

本当に、そう思います。
子どもたちみんなに
愛情をたくさん食べて大きく育って欲しいです。

はじめまして!ランキングをたどって来させていただきました

読む人を引き付けるすごいブログだと感動したのでコメントしてみました。

また来ますね!凸

お姉ちゃんも最強だったんだね、とまとさん。

v-290こんばんは、とまとさん。メロンちゃんのお母さんのことですよね。とまとさんは、まあなんて栄養たっぷりに育ちましたねえ。羨ましい家族です。

こんばんは、はじめてお伺いしています。
大変清楚なブログにて、お姉さんの愛は心温まります。
みんな1人では生きられないという事を思い起こす事ができますね。

浮世亭笑楽さんへ

コメントありがとうございます。
母と姉が、苦労を背負ってくれました。
おかげでとまとは、この通りの甘ったれです(>_<)
母や姉の言葉を、こうして伝えることが、とまとの仕事なのかなぁと、最近、思うようになりました♪

チョクさんへ

コメントありがとうございます。
早速の再訪問、感謝です♪
癖になりますので、ご注意ください(笑
とまとにとって姉は、父のような存在です♪

リンクありがとうございます。
とまとからも、リンクさせて頂きます。
これからも、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

kamakenさんへ

コメントありがとうございます。
人は、ご飯だけではなく、愛情を食べて育つのだと、思うのです。
さもなければ、とまとはきっと、栄養失調で、大人になることは出来なかったに違いありません。
とまとが大きな病気をせずに大人になれたのは、母や姉の愛情のおかげだと、思っていますm(__)m

益子進之介さんへ

コメントありがとうございます。
母や姉の愛情があったから、今のとまとがあるのだと思います。
そのことを、忘れないようにしたいと、思います。
またのお越しを、お待ちしておりますm(__)m

チョコさんへ

コメントありがとうございます。
またのお越しを、お待ちしておりますm(__)m

jushin-nanbuさんへ

コメントありがとうございます。
母や姉がいてくれたから、今のとまとがあると、思っておりますm(__)m

いつも、母語やその他の記事に、丁寧なコメントをありがとうございます。
ただ、とまとは「さま」とつけられるのが苦手ですので、今後は「さん」と書いていただけましたら、嬉しいですm(__)m

めぐみさんへ

コメントありがとうございます。
またのお越しをお待ちしておりますm(__)m

スズメさんへ

コメントありがとうございます。
経済的に恵まれていなかったから、父がいなかったから・・・
そんな足りない部分を補うよに、母や姉がいっぱい愛情を注いでくれました。
感謝していますm(__)m

ぽちとまとさんへ

コメントありがとうございます。
癖になると・・・毎日どころか、一日に何回も来てしうまようですので、ご注意ください(笑
これからも、どうぞよしろくお願いしますm(__)m

ママやん☆さんへ

コメントありがとうございます。
お久しぶりです!!
そうなんです。
あの、メロンの母親です(笑
いつも応援してくださり、ありがとうございますm(__)m

ヘルブラウさんへ

コメントありがとうございます。
世界に一つくらい、こんなブログがあってもいいかなぁって・・・(^^;
お金がないので、言葉のプレゼントで、毎年勘弁してもらっています(笑

マシンガンさんへ

コメントありがとうございます。
ごめんなさい。
一度も、現実にお会いしたことのない方から、
砕けた口調のコメントを頂くのは、苦手です。
お友達感覚でコメントを入れるのは、どうかご勘弁ください。

空飛ぶミケ猫さんへ

コメントありがとうございます。
姪のメロンの話、「日本一のおばバカ物語」の冒頭に、
「とまとの大事な姉ちゃんの、大事な一人娘です」
と、毎回、書いているような・・・(^^;

人生は、長いですから♪
あせらずゆっくり、恩を返していきたいと思いますヽ(^o^)丿

Re: 愛する心は、大きな松明の灯

コメントありがとうございます。
大好きなranranさんに、こんな素敵なコメントをいただけて、とまとは幸せです♪
ありがとうございますm(__)m
一万本のバラの花、心の中に頂きました。
枯らさないように、大切に大切に、育てていきます(^O^)

拳士さんへ

コメントありがとうございます。
体調の悪いなか、お越し頂き、ありがとうございます。
どうか、お体、大切になさってくださいm(__)m

母も姉も、大きすぎて、とまとは全くかないませんが、
それを広く知らせることが、とまとの仕事かなぁと、思うようになりました。
いつもポチしてくださり、ありがとうございますm(__)m

kanaさんへ

コメントありがとうございます。
雨がふらなければ虹が現れないように、
苦しい思いをした経験のある人だけが、得られるものというのも、あると思います。
それが何なのかは、人によって違うと思いますが・・・
いい経験をしたと、思えるkanaさんは、素晴らしいです!!ヽ(^o^)丿

ふくふくさんへ

コメントありがとうございます。
決して、良い事ばかりではないのですが・・・
姉の妹で、良かったと思っていますm(__)m

NLPapa安徳さんへ

コメントありがとうございます。
姉だけでなく、とまとにまで拍手を頂いて、恐縮ですm(__)m

ともさんへ

コメントありがとうございます。
一度もお会いしたことのない方から、
お友達のようなコメントを頂くのは、苦手です。
ご勘弁ください。

ななこさんへ

コメントありがとうございます。
いろんな経験が
心を豊かにするのだと、思います。
人間の大きさとか、深さとかは、そうゆうところで、違ってくるのかもしれないですね。
母や姉のおかげで、あまり苦労をせずに育ったとまとは、人間が小さいです(^^;

オバrevさんへ

コメントありがとうございます。
不満の種を見つけるよりも、感謝の種を見つけて、育てた方が、
いいんじゃないかなぁと思います♪
きっと、どちらも同じ数だけ、足元に散らばっているはず(^O^)

ねねさんへ

コメントありがとうございます。
グルメには程遠い育ち方をしましたが、
愛情をかみしめて育ちました。
母にも姉にも、感謝しておりますm(__)m

メタボ人さんへ

コメントありがとうございます。
またのお越しを、お待ちしておりますm(__)m

茶目太さんへ

コメントありがとうございます。
この姉にして、あのメロンあり!
です。
みんな強い強い。
とまとは、家族で一番の、軟弱者です(^^;

zincoroさんへ

コメントありがとうございます。
一人で生きてきた人なんて、いないのではないかと思います。
みんな、どこかで、誰から愛情を貰って、
生きてきたのだと、思います♪
またのお越しを、お待ちしておりますm(__)m
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。