スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母ちゃんが泣いた日 1/6

1/6



はじめに…
この記事の一部に不適切な表現が含まれております。
その意図は、暴力を増長させることが目的でないことを、ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

小学校6年生の1学期も終わろうとする頃。
ある日、とまとはいつもより遅い時間に帰宅しました。
そして、母に言いました。
「もう、学校に行きたない。」
とまとの母は、目が不自由でしたが、全盲ではありませんでした。
髪はぐしゃぐしゃ、服はドロドロ、顔にも手足にもすり傷やアザを作って帰ってきたとまとを見て、母は、
「そうか。ほんなら、明日から、学校に行かんでええ。」
と、言いました。
そして、
「黙って休んだら、心配するやろうからな。」
と、その場で、学校に電話をかけてくれました。
「6年2組のとまとの母です。娘が、もう学校に行きたくない、言うてますんで、明日から、学校に行かせません。今までお世話になりました。ありがとうございます。」
と…

それから10分後、とまとが服を着替え、顔を洗って、おやつを食べようとした時に、担任の先生と、校長先生が、家に来ました。
学校から家まで、徒歩3分ほどの距離でしたから。
服や髪はキレイにしたものの、顔にも手足にも、新しい傷があります。
そんなとまとを見て、担任の先生が言いました。
「とまとちゃん、何があったん?」
すると母が、担任の先生に言いました。
「この子に何があったんか、知らんのですか?」
先生達は、授業が終わった後にも、やらなければならないことが沢山あって、放課後の生徒たちの行動までは、知りようがないことを説明しました。
ふむふむと話しを聞いた後、母が言いました。
「4月の終わり頃、Nさん家のA子ちゃん、忘れものばっかりしとったそうですね。」
一瞬、全く別の話を振られて、先生方は、とても困った顔をしました。
でも、母は気にせず続けました。
「毎日毎日、何か忘れものをしてくるんで、先生、A子ゃんに、「そんなに毎日忘れ物するのに、給食の用意だけは、忘れへんのやねぇ」って、言うたらしいですね。」
校長先生が担任の先生の顔を見ました。
担任の先生は、とまとの顔を見ました。
とまとは、小さく首を振りました。
言うてない。言うてない。
とまとは、そんな話、母ちゃんにしてへんでぇ。
「そのちょっと前に、別の子が、A子ちゃんに、算数の宿題を写させて欲しい言うて、A子ちゃんがそれを断ったら、それ以来、忘れものが増えたらしいですね。本人は、忘れてない、ちゃんとカバンに入れて来た、言うけど、学校に着いて、運動場で遊んで戻って来たら、無くなってる。結局、運動場に遊びに行かんようになったら、忘れものをせえへんなったんでしょう? でも、今度は、一緒に遊んでくれる友達がおらへんなった。A子ちゃん、熱出して、学校を休んだらしいですね。」
「あのう、A子ちゃんはもう、ちゃんと学校に来てますから……」
「先月の遠足の後、Dさん家のB美ちゃんが、学校を休むようになったんでしょう? 遠足の時の写真を貼り出して、欲しい人は写真の下に名前を書くようにしてあったら、B美ちゃんと一緒に映ってる写真は、誰も名前を書かへんかったそうですね。数日後には、B美ちゃんの顔の目の所を、黒い線で消して、まるで犯罪者の写真みたいにする、イタズラがしてあったらしいですやん。B美ちゃん、それ見て泣いて、ショックでしばらく学校を休んだって、聞きましたよ。」
これは少し、母に話した覚えがありました。
でも、B美ちゃんが休んだことまで、言うたかなぁ?
「そして、一昨日。朝、この子が登校したら、教室の黒板に、『とまとのバカ、死ね』って、大きく書いてあったそうですね。」
「母ちゃん、なんで知ってんの?」
それは、腹が立つやら悔しいやらで…とまとが母に言う気になれず、黙っていたことでした。
「Kさん家のM子ちゃんが、先生に言いに行って、先生が黒板のその文字を消したんでしょう? せやから、書かれとったのを、知らへんはずは、ないですわなぁ。」
「あれは、その場でちゃんと、みんなに、こうゆうことを書いたらあかんって、言いましたから……」
畳の目を見つめながら、担任の先生が言いました。
「宿題を見せるのを断ったA子ちゃんが物を隠されて、同じ芸能人が好きや言うたB美ちゃんが「マネした」言われて仲間外れにされて、C恵ちゃんは、休み時間にみんなから狙われるドッチボールをやらされて泣きだしたそうやし、E子ちゃんは臭い言われて、グループの中でみんなから机を離されたそうやないですか。E子ちゃんって、この前の日曜日、遊びに来てた子やろう?」
母に言われて、とまとは頷きました。
「それで、今度はとまとの番ですか?」
母は、厳しい声で言いました。
「この子には父親がおらんし、私はこの通り、目が不自由です。せやから、鍼灸治療院で、マッサージ師として働いて、この子らを育ててます。人様のように読み書きが出来ませんから、PTAも免除して貰ってます。仕事が忙しいから、参観日や言うても、学校にはよう行きません。せやから、私は、小学校の近くに住んでても、学校には、一年に数えるくらいしか、行きません。」
そこで、大きく一つ、息を吐きました。
「そんな私でも、これだけの事知ってんのに、同じ学校の中におるあなた方は、この子に何があったか、知らんのですか? 担任の先生、自分のクラスで、自分がおる目の前で、何が起ってるか、知らんのですか?」
「そ、それは……」
返事に詰まる先生を見て、とまとは改めて、
母ちゃん怖い
と、思いました。

つづく

グルメ&スイーツ

とまとが不適切と思ったコメントは、お断りなく削除させて頂きます。
詳しくは、「コメントを入れる前に・・・」をご覧ください。
また、当ブログに投稿されたコメントの著作財産権は、管理人に帰属するものとします。
画像・本文の無断転記はお断りします。
過去記事へのコメントも、最新記事に入れて下さると、嬉しいです。
初めての方へ
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とまとさん♪1周年おめでとうございます!
昨日は記事を読んでいながらも、今日の記事を楽しみに
ぽち逃げでした

文中に
「校長先生が担任の先生の顔を見・・・
担任の先生は、とまとさんの顔を見・・・
とまとさんは、小さく首を振り・・・」に
光景が浮かんで思わずぷっとなりました。笑

それにしてもお母様。
率直に カッコいいです。
続きが待ち遠しくて仕方ありません

お久しぶりです!

バタバタする日が続き、パソコンを開けてもさっさと
片付けなくてはならない日が続き、やっとゆっくり
開けてます。 未読だったとまとさんのブログ、
惹きこまれるように熟読しました。
今日の記事は、ドキドキハラハラ・・・、
小さい頃の記憶が蘇りました。
しかし、とまとさんのお母さん、素晴らしいですね!!
続きを楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とまとさん こんにちは。

続きを楽しみに 今日もぽち!っと応援です。

こんにちは。

お母さん、かっこいいです。
子供に 「学校にいかなくていい」 っていえる親が
世の中にどれくらいいるんでしょうか?
考えてしまいました・・・

ところで、タイトルの ”1/6” って 6分の1 っていう意味ですか?
だとすれば・・・
いろんな展開を考えながら 続きを楽しみに待ってます。  では

昨日今日ポチッと完了っす(--)b

こんにちは。。

 すべてを拝読させて頂いてからコメントさせて頂きますね。。

 

とまとさん♪こんばんは★
・・・・・・・・・・・。   続きをお待ちしています^^
続きを心待ちにしているので、応援しま~す♪

とまとさん・・こんばんは!!

昔、小学校の高学年の時
私のクラスでも同じような事がありました。
続きを読んでから
またコメントさせて下さい。

ポチ・・・。

こんばんは☆

とまとさんのお母さん 素敵な方ですね。
続きが楽しみです。
ぽちです

やはりとまとさんのお母様は、すごい方ですね。
子どもとしては、確かに怖いかも……。
何でもお見通し……。
そして同時に、とっても心強さをもらえますね。
すてきだなあ。こういう強さ、わたしもほしい……。
続き、楽しみにしていますっ。

(T_T)
6話まで私の涙はもちません。

深い・・・。

雨音さんへ

コメントありがとうございます。
ポチ逃げ、構いませんよ♪
お忙しい中、わざわざポチしに来て頂いて、恐縮です。
とまとのブログは、文字ばかりで、読むのに時間のかかるブログですから、
どうぞ、お時間のある時に、来てやってください。
いつもポチ、ありがとうございますm(__)m

太陽の穂゜mihoさんへ

コメントありがとうございます。
お忙しい中、お越し下り、ありがとうございます。
お体、大切になさったくださいね♪
とまとも、この記事を書きながら、何度もフラッシュバックしてしまいました。
母の言葉が、現在苦しんでいる人の、お役に立てれば・・・と思って書きました。
長い話ですが、お付き合いいただけましたら光栄ですm(__)m

内緒さんへ

コメントありがとうございます。
あのあと、ネットで色々検索をしてみて、イジメについて相談する窓口を、いくつか見つけました。
でも・・・そうゆうところに相談して、イジメがなくなるなら、日本中からイジメは撲滅されてるやろう~!と、思ってしまいました(^^;
ご希望なら、調べた先を、メールでお知らせします。ご連絡ください。
また、イジメの問題について、参考になると思われるブログが、とまとの相互リンク先に、いくつかあります。
ブログですので、相談するのはどうかと思いますが、記事を読むだけでも、力の湧くブログですので、こちらも、ご希望があれば、アドレスをご紹介させて頂きます。
今現在、イジメと戦っている、お嬢ちゃんと、お母さんに、エールを送ります。
とまとにできることがあったら、何でも言って下さいm(__)m

ぶっこさんへ

コメントありがとうございます。
続きも、読んでやってくださいm(__)m
応援、ありがとうございます。

店長さんへ

コメントありがとうございます。
はい!
この、暗い話が6回続く予定です♪
宜しくお付き合いくださいm(__)m
読者が減るのが、目に見えるようです(笑

しづさんへ

いつも応援、ありがとうございますm(__)m

浮世亭笑楽さんへ

コメントありがとうございます。
お陰さまで・・・笑楽さんの後にご訪問下さった方も、同じ気持ちになられたようです(^^;

ママやん☆さんへ

コメントありがとうございます。
長い話ですが、お付き合い下されば光栄です。
応援、ありがとうございますm(__)m

はなさんへ

コメントありがとうございます。
きっと、同じ経験をなさった方、
また、現在進行形の方が、沢山いらっしゃると思います。
こんな悲しい思いをする人がいなくなることを願って書きました。
最後まで、読んで頂けたら光栄です。
ポチ、ありがとうございますm(__)m

yu-chanさんへ

コメントありがとうございます。
母は……強い人だったと思います。
続きも、どうぞ読んでやってください。
ポチ、ありがとうございますm(__)m

えめるさんへ

コメントありがとうございます。
女は弱いものですが、母は強しと申します。
とまとの前では、父親がいない分、更に強がっていたのかもしれません。
どうぞ、続きをお楽しみに・・・

風さんへ

コメントありがとうございます。
何度も、フラッシュバックしながら、書きました。
最後までお付き合いいただけましたら、光栄です。
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。