スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こめだけは知っておきたいブログの基礎知識 27 トラックバックのまとめ

27 トラックバックのまとめ

トラックバックとは、相手のブログに、自分のブログへのリンクを貼る事です。
それによって、訪問者数を増やすことが可能になります。
また、ブロガー同士の交流を深めることも、出来るようになります。

しかし、トラックバックは自分のブログを宣伝する行為でもあるので、相手に対する思いやりを忘れてはいけないと思います。

初めて訪れたブログ、一度もコメントをしたことのないブログには、トラックバックをしない方がいいでしょう。
相互リンクをしている相手であっても、無断でトラックバックは、しない方がいいと思います。
もちろん、関係のない記事を、トラックバックするのは止めましょう。

個人のブログに対してトラックバックをする場合、この3点を、どうか忘れないでください。

お互いが、尊重し合って活用すれば、トラックバックはとても効果的な宣伝方法です。
知らない人のブログに突然お邪魔するのは敷居が高い場合もありますが、知っている人のブログで紹介されているブログ、しかも、関連のある記事を書いているブログには、行ってみたくなるものです。
そして、「○○さんのブログから参りました」と書き出せば、コメントも入れやすくなります。
(コメントを貰う方も、そう書かれているコメントは、受け入れやすいです)

ですから、相互リンクをしているブログで、関連のある記事を見つけたら(もしくは、関連のある記事を書いたら)、積極的にトラックバックを申し込みましょう。
そうして、お互いに訪問者を増やすことができたら、ブログは、もっともっと楽しくなる、と、とまとは思います。


『これだけは知っておきたいブログの基礎知識』は、昨年、らもちゃんがお腹にいると気付く前に書いた記事です。
そもそもは、パソコン教室の宣伝として始めた事なので、妊娠・出産で教室を休むと決めてからは、投稿するのを辞めていましたが、せっかく書いた記事を、このまま眠らせてしまうのは勿体ないと思って、投稿することにしました。
人様の役に立つために…と思って書き始めたはずなのですが、気が付けば、自分自身の勉強になっていました。
他の記事(らもちゃんネタは、母ネタ)にくらべれば、涙がでる程、拍手の少ない記事でしたが…
これが、本来のとまとの実力なんだろうなと思っています。
書きためていた記事は、ひとまず、これで終わりです。
お付き合い頂き、ありがとうございますm(__)m
スポンサーサイト

これだけは知っておきたいブログの基礎知識 25 トラックバックの活用法

25 トラックバックの活用方法


自分のブログの訪問者数を増やしたい。
もっと、自分のブログを宣伝したい。
そんな方には、トラックバックがお勧めです。

始めのうちは、個人のブログにトラックバックを申し込むのは、抵抗があるかもしれません。
断られるかもしれないし…(^^;
しかし、サービス会社の提供している、トラックバック企画に参加をするのは、簡単です。
断られる心配もなく、しかも、自分のブログのタイトルが、大勢の目に触れる可能性があります。
集客に悩んでいる方は、一度、「トラックバックテーマ」に参加してみては如何でしょうか?

また、ブログ運営サイトが提供している企画の他に、有名人のブログやニュース関連サイトなどで、トラックバックを受け付けているところがあるようです。
人の多く集まる所にトラックバックをすれば、訪問者数が、増える可能性も高くなります。
ぜひ、探してみてください。

次回は、「トラックバックを書く時の注意点」についてです♪

これだけ知っておきたいブログの基礎知識 24 トラックバックの承認

080912 027



24 トラックバックの承認

トラックバックを送信したら、相手のブログに、確認しに行きましょう。

トラックバックは、送信するだけで、相手のブログに表示されるとは限りません。
コメント同様、管理人が承認しないと、表示できない設定になっている場合があります。
もしも、トラックバックの送信は上手く行ったのに、相手のブログに表示されていなかったら、コメント欄で、
「トラックバックを承認してください」
と、お願いしてみましょう。
あなたがトラックバックを送信したことに、管理人さんが気付いていないかもしれません。
ただし、承認を断られた場合には、潔く諦めましょう。

自分のブログで、「トラックバックしま~す」または、「トラックバックを承認してください」とゆうコメントを見つけたら、トラックバックを確認し、承認するかどうかを決めて下さい。
(これをしなくても、勝手に承認される設定になっている場合もあります。)

トラックバックを承認する方法
① ブログ管理画面の、「トラックバックの管理」をクリック。
② トラックバックをお願いしてきているブログや記事を確認
③ 問題なければ「承認」をクリック
同じ画面で、トラックバックの削除もできます。
不適切なブログ(アダルトサイトや、広告のみの記事、自分の記事とは関係ない内容の記事等)からトラックバックをされてしまった場合、ここでサックリ削除しましょう♪

次回は、「トラックバックの活用方」についてです♪


いつも応援して下さりありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
携帯電話の方はコチラから→パソコンの豆知識ランキング

これだけは知っておきたいブログの基礎知識 23 トラックパックの仕方

081003 017





23 トラックバックの仕方

トラックバックは、「トラックバックを送信する(打つ)」とゆう言い方をします。
しかし、「トラックバックする」で、意味は通じると思います。

ご紹介するのは、FC2でトラックバックを送信する方法です。
他のサイトでブログをなさっている方は、やり方が違うと思いますので、ご自分の利用なさっているサイトの、利用マニュアルをご覧ください。

① トラックバックしたいと思う記事を見つけたら、その記事に「トラックバックします」と、コメントを入れる。(←ココ重要
② 記事の文末にある、トラックバック用のURLをコピーする。
③ 自分のブログの、ブログ管理画面を開き、「過去記事の管理」をクリック
④ トラックバックさせたい記事の「編集」をクリック(又は、新しく記事を書く)
⑤ 「トラックバック」欄に、先ほどコピーしたURLを貼りつける
⑥ 「記事を保存」をクリック

これで、トラックバックは完了です。
でも、ちゃんとできたかどうか、不安ですよね。
それを確かめるには、もう一度「過去記事の管理」で今トラックバックを貼りつけた記事の「編集」をクリックし、トラックバック用URLを貼りつけた欄の横にある「送信済」の文字をクリック。
すると、トラックバックが成功している場合、「送信済トラックバック」のところに、URLが表示されます。
ここにURLが表示されていれば、トラックバック成功です。

次回は、「トラックバックの承認」についてです♪


いつも応援して下さりありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
携帯電話の方はコチラから→パソコンの豆知識ランキング

これだけは知っておきたいブログの基礎知識 22 トラックバックされる側のメリット

081003 026



22 トラックバックされる側のメリット

トラックバックをされる側のメリットは?

トラックバックを貼る側にとっては、他人のブログで宣伝して貰えるので、メリットがあるけれど、貼られる側には、どんなメリットがあるのでしょう。

メリットは、トラックバックをしてきた相手に対して、逆トラックバックができること。
自分の宣伝を貼りつけておいて、相手の宣伝を拒む人は、ほとんどいません。
つまり
「トラックバックしま~す」
と言ってきた場合、それは同時に、
「私のところにもトラックバック(あなたの記事を宣伝)していいですよ」
と言っているのです。
ですから、即座に逆トラックバックしましょう♪

トラックバックは、関連した記事同士のリンクなので、先方の記事を読んで興味を持った方が、こちらに来てくれる可能性が高くなります。
ブログ仲間同士で宣伝し合える、とてもステキなシステムなのです。
ぜひ、活用しましょう。

次回は、「トラックバックの方」についてです♪


いつも応援して下さりありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ
携帯電話の方はコチラから→パソコンの豆知識ランキング
最新記事
リンク集
ご訪問者数
いつもご訪問下さり、ありがとうございますm(__)m
プロフィール
カテゴリ
月別アーカイブ
ぐりむす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。